ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表 アドプトフォレスト神於山 丸紅の森づくり 調印式を行いました

本文

報道発表 アドプトフォレスト神於山 丸紅の森づくり 調印式を行いました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年12月21日掲載

概要

 12月20日(火曜日)に大阪府公館で、丸紅、神於山保全くらぶ、大阪府、岸和田市と4者による宣言書に調印を行いました。岸和田市からは野口市長が調印しました。

詳細

 国際森林年の今年から、丸紅株式会社が発祥の地である大阪において、地域貢献を実施することを目的に、神於山にてアドプトフォレスト活動を行います。地元岸和田のNPO法人神於山保全くらぶとの協働作業により神於山の岸和田市有地の育林活動を実施します。

 神於山は、全国で初めて里山で自然再生推進法の適用を受けており、シャープ(株)や住友ゴム工業(株)、大阪府下の漁業関係者の団体である魚庭(なにわ)の森、岸和田北ロータリークラブなども活動しています。

 岸和田市長は「丸紅創業の地の大阪において、自然再生の先進地である神於山で自然再生に取り組んでいただけることは喜ばしいことです。企業、行政だけでなく、市民ボランティア団体がこの調印式に参加していることも意義深いものと言えます。」と挨拶しました。

 今後は、丸紅と神於山保全くらぶと協議しながら、計画的に竹を伐採し、四季折々の神於山が楽しめるように進めていく予定です。

 宣言文

アドプトフォレスト神於山 丸紅の森づくり 活動宣言

 私たちは、子孫への預りものであり、地域のみどりの象徴でもある神於山を、多くの生き物たちが命を育む元気な里山に再生するために、関係者が一致協力して、森づくり活動に取り組むことを宣言します。

   今後の活動予定

1~3月、活動地の調査
3月20日 第一回、丸紅社員による育林作業の実施
4月以降 NPOと協働により月に1~2回、現地活動を行う

写真

調印式の様子 調印式の様子

調印式の様子 調印式の様子 

本件に関する問合せ先

環境保全課(電話:072-423-9464)


Danjiri city kishiwada