ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > ヘリコプターで負傷者を搬送せよ! 大阪市消防局と山間部消防合同訓練を実施

本文

ヘリコプターで負傷者を搬送せよ! 大阪市消防局と山間部消防合同訓練を実施

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年8月26日掲載

 林野火災に備えて、岸和田市消防本部と岸和田市消防団、大阪市消防局で山間部消防合同訓練を、8月23日(火曜日)に相川町で実施しました。

 大阪市消防局の航空隊、エアレスキュー隊との合同訓練は今回が初めてです。

山間部合同訓練の写真

 訓練は、本市東部の山間部で大規模な林野火災が発災し、負傷した2名を救出するという想定で行われました。

 まずは、真っ先にかけつけた岸和田市消防団が消火活動に入った後、市消防隊も加わり、火災の鎮火にあたりました。

山間部合同訓練の写真

 その後、崖下に滑落している負傷者を岸和田市救助隊が降下して救助活動を行いました。


 負傷者を安全な場所まで移動させた後は、大阪市消防局航空隊のヘリコプターへ要救助者を吊り上げるホイスト訓練を行いました。

 訓練に参加した岸和田市救助隊員は、「今回の訓練は大阪市消防局ともうまく連携がとれました。林野火災の際にも役立てることができると思います。最近はハイキングブームで山間部の事故も増えているので、非常に有意義な訓練になりました。」と話しました。

 また、貝塚谷光一岸和田市消防長は「連携がうまくいき、林野火災にも対応できると確信しました。今回のような訓練は初めてですが、今後も内容を変えながら、定期的に行っていきたい。」と話しました。

 


Danjiri city kishiwada