ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 報道発表 岸和田市災害支援対策本部を設置

本文

報道発表 岸和田市災害支援対策本部を設置

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年3月14日掲載

概要

 3月11日(金曜日)の東北地方太平洋沖地震について、3月13日(日曜日)午前11時に岸和田市災害支援対策本部(本部長:野口聖市長)を設置しました。

 本市では、消防庁長官からの要請により、すでに緊急消防援助隊2隊7名を3月11日(金曜日)に大阪府隊の一員として派遣しています。

 また、3月13日(日曜日)から各市民センター、各地区公民館、各青少年会館、青年の家、図書館に募金箱を設置しており、3月14日(月曜日)午前9時からは義援金の受け付けを市役所高齢介護課で開始します。

詳細

 3月11日(金曜日)の東北地方太平洋沖地震では、岸和田市での被害報告はありません。

 本市では津波注意報の発令を受け、市内14ヵ所の水門を閉門しました。その後、3月12日(土曜日)午後8時20分の注意報解除を受け、同日午後8時50分に開門しています。

 消防本部からは3月11日(金曜日)午後7時55分に、緊急消防援助隊2隊7名(消防ポンプ車1台、救急車1台)が大阪府隊の一員として万博記念公園から出発しました。3月13日(日曜日)未明に岩手県遠野市に到着し、岩手県釜石市で被災者の捜索等の活動を開始しています。また、3月13日(日曜日)正午にも交代要員として7名が出発しました 

 市では、募金、義援金の受け付けを次の場所で行います(いずれも祝日を除きます)。

【3月13日から】

募金・・・市役所(月~金:9時~17時半)、各市民センター(3カ所 月~金:9時~17時半)、各地区公民館(11カ所 火~日:9時~17時半)、各青少年会館(4カ所 火~日:9時~17時半)、青年の家(火~日:9時~17時半)、図書館(火~日:午前10時~午後6時)

計21カ所

【3月14日から】

義援金・・市役所高齢介護課(月~金9時~17時半)

※ 領収書が必要な人は義援金として高齢介護課へお越しください。

 なお、被災地への物資提供の受け付けは、被災地からの支援依頼が来るまで受け付けいたしません。

 これは、阪神・淡路大震災、新潟県中越沖地震などで、被災地が個別に送られる救援物資の仕分けと保管に多大な手間を取られ、適切に処理できなかったことの教訓から、救援物資は要請があったものを取りまとめ、一括して被災地へ送ることになっています。

 要請があった場合は、市民の皆さんに必要な物資をお知らせし、市で受け付ける予定です。

本件に関する問合せ先

危機管理室 電話:072-423-9437


Danjiri city kishiwada