ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 広報広聴課 > 風物百選 64 盆おどり

本文

風物百選 64 盆おどり

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2009年3月3日掲載

盆おどりの水彩水彩 坂 由紀子

 立秋を過ぎると、風鈴の音も涼しさを増します。街のそこかしこに、盆踊りの櫓(やぐら)の組み立てに精出す人の汗が光ります。
 その日がきますと、日暮れとともに、今は懐かしいげたの音もカラコロと……。浴衣がけにうちわを持った親子連れや、子どもたちのちょっとしたさんざめきが、家の前を流れて行くのです。
 昔の人々の残した音頭の内容、振り付け、しぐさも大切に伝承され、地域ごとの特色を持たせながら、老若男女の集う盆踊り。けだし郷土岸和田の夏の風物詩の一つでしょう。

ハー桜咲くころ お城の庭で
撮った写真が ご縁となって
今日はちぎりの 名もうれし
そうやし そうやし ほんまやし
ほんまに 岸和田 よいところ
モテモテ ヒッパリ タコジゾウ

 夜のとばりが訪れますと、浜風に乗り、池面を越え、山ふところの間をぬって流れる音頭は、夏の夜を快い眠りにいざなう子守歌でもあります。
 
文 大嶋幸子

資料

 お盆の夜はもちろん、所によっては地蔵盆の夜も、各地区の広場で、運動場で、ある所はお寺の境内で、それぞれの伝統の音頭や、趣向でくりひろげられる夏の夜の風物詩である。


 この「岸和田風物百選」は、岸和田市の市制60周年記念事業の一つとして昭和58年(1983年)に制作されました。

 そのため、内容が古くなっている部分もありますが、交通手段を除いて、原本に忠実に再現しています。これは、実際に現地を訪れた際に、この間の時の移り変わりを感じていただければとの考えからです。


Danjiri city kishiwada