ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 風物百選 07 だんじり

風物百選 07 だんじり

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

だんじりの油彩油彩 中井 和子

 盆がすぎれば、泉州路、特に岸和田では、茅淳(ちぬ)の浜風に乗り、だんぢり囃子が流れ、岸和田っ子の血が騒ぐ。
 泉州・岸和田 5万3000岡部の城下
 すぎたるものがふたつある
 だんぢり祭りに千亀利のお城
 よくぞ 生まれた岸和田に!
 だんぢりは、岸和田市民の誇りとロマンである。早朝6時の引き出しで花と咲き、血沸き肉躍る豪快勇壮な"やり回し"という男の花道で最高潮に達し、灯入れ曳行に入った途端、見事に、動から静に移行する。
 灯入れ曳(えい)行"夜のだんぢり"は
 遠き昔の走馬灯
 今は亡き 肉親に手を引かれ
 引き綱にぎった幼きころ
 だんぢりの鈴なりちょうちん 風に揺れ
 淡いローソクの光が ボーツとかすむ
 だんぢり囃子が子守歌
 舟をこぐのも"夜のだんぢり"
 我が子も 勾欄にもたれ
 だんぢりの揺れに身をまかせ
 気持よく寝息をたてている
 その姿は 己の姿
 "夜のだんぢり"は
 もの悲しい憂いをふくみ
 遠き昔の郷愁を呼びおこす

文  若松 均

資料

 明るい時のだんじりは勇壮活発である。夜の帷が下り、だんじりに灯がつけられると、一転、情緒的なムードが生まれる。昼の動に対して、夜は静のみやびをかもし出す。

交通

 南海岸和田駅または蛸地蔵駅下車。


 この「岸和田風物百選」は、岸和田市の市制60周年記念事業の一つとして昭和58年(1983年)に制作されました。

 そのため、内容が古くなっている部分もありますが、交通手段を除いて、原本に忠実に再現しています。これは、実際に現地を訪れた際に、この間の時の移り変わりを感じていただければとの考えからです。