ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 人権・男女共同参画課 > 6月23日から29日は「男女共同参画週間」です

本文

6月23日から29日は「男女共同参画週間」です

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年6月10日掲載

内閣府では、毎年6月23日から29日までの間「男女共同参画週間」を実施しています

 平成11年6月23日「男女共同参画社会基本法」が公布されました。内閣府ではこの日にちなんで毎年6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」としています。

 誰もが性別に関わりなく、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには 政府や地方公共団体だけでなく、みなさん一人ひとりの取組が必要です。

 私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか?

令和2年度の「男女共同参画週間」キャッチフレーズ 

 内閣府が「自分らしい人生を実現するために、時間をどう使っていくのかを社会全体で考えていくきっかけとなるキャッチフレーズ」を募集し、下記2つのフレーズが選ばれました。

「そっか。いい人生は、いい時間の使い方なんだ。」 

「ワクワク・ライフ・バランス」

 令和2年度男女共同参画週間の啓発ポスター

啓発ポスターの掲示予定(令和2年6月15日から29日)

地域を巡回する「ローズバス」内に掲示

岸和田市の啓発ポスター [PDFファイル/263KB]

「女性活躍推進法」が制定されました

 平成28年4月、女性活躍推進法が施行され、女性のより積極的な暮らし方・働き方を推進するための動きが活発になってきました。男女がともに、多様な生き方、働き方を実現でき、ゆとりがある豊かで活力あふれる、生産性が高く持続可能な社会づくりを目指し、国や地方公共団体、民間企業が取組みをすすめます。

知っていますか?W・L・B(ワーク・ライフ・バランス) ~ ひとつ「働き方」を変えてみよう!

 仕事(W:ワーク)と生活(L:ライフ)の調和(B:バランス)がとれ、生きがいや喜びを感じられるような自分らしい生活をしたいですね。

 確かに、長時間労働や子育てなど、個人では解決できない問題があり、アンバランスな生活を強いられている人は少なくありません。 

 しかし、一人ひとりができることとして、少しずつでもいつもと違うことをしてみると、新しい気づきや出会いにつがなることがあります。ちょっと早く帰る。ゆっくり家族と話をしてみる。次の休みは地域の会合に出てみる…。

 「〇〇は、こうあるべき」という考え方がなくなり、あなたらしさをいろいろな場面で発揮できる、ワーク・ライフ・バランスの実現に向け、プライベートを楽しむ時間をつくり出すことからはじめてみませんか。

 内閣府では、 企業や働く人、各種団体、国・地方公共団体はもちろんのこと、老若男女すべての皆さんの参加により、社会全体で仕事と生活の調和の実現に取り組んでいくことを目指し「カエル!ジャパン」キャンペーンを実施しています。詳しくは、内閣府のホームページをごらんください。

カエル

岸和田市の取り組み

 市では、平成23年4月1日に「岸和田市男女共同参画推進条例」を施行しました。この条例に基づき、「岸和田市男女共同参画推進計画-第3期きしわだ女性プラン」(平成23年度~令和2年度の10年間)を策定し、さまざまな取り組みを進めています。

 平成28年4月に「女性職員の活躍の推進に関する特定事業主行動計画」、令和2年4月に「次世代育成支援対策に係る特定事業主行動計画」を策定し、さらなる取り組みを進めています。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada