ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 人権・男女共同参画課 > 【講座報告】「DVってなに?~自分を大切にするということ~」

本文

【講座報告】「DVってなに?~自分を大切にするということ~」

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2021年12月1日掲載

【DV予防啓発講座】「DVってなに?~自分を大切にするということ~」を開催しました。

 DV(配偶者などへの暴力)とは暴力を使って相手を支配すること。暴力を振るう側と振るわれる側が固定しています。被害者は深刻な影響を受け、何年も苦しみます。

 周りの人たちが気づき、被害者をサポートすることは大きな力となります。相談された時の接し方やDVが起こる背景などについて学びました。

きしわだ男女共同参画推進プランを説明している様子

講師 萬田久美子さん

講座の様子

内容

 一緒にいるのがつらい…。これってDVなのかな?自分を大切にするためにはどうしたらいいんだろう?

 友人から相談されたら、なんと声をかけたらいいんだろう?

 一緒に考えてみませんか?

「DVってなに?~自分を大切にするということ~」チラシ [PDFファイル/145KB]

参加者

13人

アンケートより

  • DV被害者に対する接し方を学ぶことが出来ました。受け止め方、寄り添い方難しいですが、今日の学びを忘れず自分のできることからすすめていきたいと思いました。

  • 男女平等については当たり前の様で刷り込まれた意識に気づきにくく広めていく必要があると思います。やはり教育の中から意識づけが必要かと思います。

  • DVが私の思っていた以上に人の心、人間性まで否定してしまう恐さを思うと身近な人、周りの人に優しくしたい。

  • アンコンシャスバイアスを意識することの大切さを学ぶことができました。

  • 子どもの頃からの、幼い時からの関わりがとても大切だと思った。

日時

令和3年11月28日(日曜日)午後2時~4時

場所

 岸和田市立男女共同参画センター 研修室3

講師   

一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団  萬田 久美子さん 

講師プロフィール  

 2012年3月まで大阪府立高校の教諭。ジェンダー関連の教材開発に努めると共に、2007年より生徒同士が支え合い、自尊感情の向上や対等な人間関係力を培うピア・サポートプログラムを勤務校に導入。

 内閣府「交際相手からの暴力の予防啓発指導者のための研修」講師ほか、自治体や学校(中学・高校・大学・看護専門学校などの生徒や教職員対象)、府・市教育委員会、消防組合、病院、企業などで、ハラスメント予防やデートDV、DV防止、性教育、男女共同参画社会づくりほか、女性活躍推進、女性の再就職支援研修などの講師を歴任。

【資格】 アウェア認定「デートDV防止ファシリテーター」

      レジリエンス認定「デートDV防止ファシリテーター」

       キャリアコンサルタント

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada