ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 春木市民センター > 「キレイが続くお片付け講座」を開催しました

本文

「キレイが続くお片付け講座」を開催しました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年12月16日掲載

「キレイが続くお片付け講座」を開催しました

  11月29日と12月6日の日曜日、午後1時半から3時まで、「キレイが続くお片付け講座」を開催しました。昨年実施し好評だった収納術の実践編として、今回は「衣類」と「キッチン」にポイントを絞り、具体的に教えていただきました。今回も大変好評で申込受付開始2日で定員に達しました。

 昨年に引き続き講師は、「おうち暮らし」代表で整理収納アドバイザーの木村恵美子氏にお越しいただき、事例を紹介いただきながら分かりやすく楽しく整理の仕方について講演いただきました。講義を聞くだけでなく途中ワークもあり、今の暮らしに必要な物かを考える機会にもなりました。判断に迷う物は一旦収納から出し、期限を決めて別に保管するなど、片付けに取り掛かるハードルを下げていただきました。

講座の様子

【11月29日 第1回 衣類編】

 「着る服」と「着ない服」を混ぜないために今ある服を仕分け、「着る服」だけを戻し8割収納を心掛けることで、出しやすく仕舞いやすい収納の仕方を教わりました。また、着た服を常に手前に仕舞うことで、動かない着ていない服が見つかり、いつの間にか「衣替え」も終わるという片付け方法も紹介いただきました。

   講師の写真    第1回ワークの様子

 

【12月6日 第2回 キッチン編】

 出しっぱなしを減らすために役目を終えている不要な物を取り除き、使う場所近くに収納することで、出したら仕舞うが楽にできるキッチンにする方法を学びました。また、冷蔵庫収納のポイントも具体的に教えていただきました。

 第2回講座の様子    第2回ワークの様子

 食品の整理は「食べられるか」「食べられないか」の基準で分けることができ、消費期限もあるため、冷蔵庫の整理から始めるのが取り組みやすいということでした。

 不要な物を取り除く「整理」と見た目良く整える「整頓」の違いを学び、仕分けの基準も楽しく学習することができました。  

アンケートより 

・すごく勉強になりました。まず、不要な物を取り除く整理から!それから収納・整頓。目からウロコ(^^♪ 片付けが苦手で、今までは置き方を変えてばかりでした。役目を終えたものを出して、キレイが続く様に行動し、継続したいです。

・分かりやすく、なるほどと共感できることが多かったです。ありがとうございました。

・前回に引き続きとても話に集中でき、あっという間の時間でした。家に帰って実践し、キレイな家作りを目指します。

・とても良かったです。初めて受けましたが、先生の説明がとても分かりやすく、「あるある!」という話ばかりで笑えました。

 


Danjiri city kishiwada