ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 山直市民センター > 『人形劇で学ぶ岸和田の昔話「葛城仙人」』を開催しました。

本文

『人形劇で学ぶ岸和田の昔話「葛城仙人」』を開催しました。

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2019年7月7日掲載

人形劇で学ぶ岸和田の昔話「葛城仙人」

   人形劇団「おじかくらぶ」による昔話「葛城仙人」

   水不足に苦しむなか村の若者である小鹿(おじか)が葛城山の八大竜王にお祈りし雨を降らせる

   というお話や郷土の歴史を学びました。

   葛城仙人のはなし 

   修行僧  八大龍王

 

    おじかくらぶのみなさま

   後半は席を移動させ、スクリーンを使って「兵主神社の雨降の面」や「土生の鼓踊り」など

   雨乞いの伝承を今に伝えているお話などを聞かせていただきました。

    スクリーンを使っての説明

アンケートより

  ・人形劇も後半のお話もとても面白かったです。

   自分の住んでいるところにこんな伝説がある事にびっくりしました。

   子どものころにテレビで観たお話と同じで良かったです。

  ・本格的な人形劇でとても面白かったです。音響も自然の音が沢山して風景ともぴったりでした。

    葛城仙人ちらし


Danjiri city kishiwada