ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 男女共同参画センター > 【開催情報】避難所運営は誰がする!?意外と知らない避難所基本講座

本文

【開催情報】避難所運営は誰がする!?意外と知らない避難所基本講座

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2022年5月17日掲載

タイトル画像

避難所は「避難者での自主運営」が基本!って知っていましたか?

避難所は、みんなが一緒に生活する小さなコミュニティとなります。

部屋割りはどうする?物資の配分はどう決める?情報の伝達方法は?さまざまな経験を活かした避難所づくりって?

いざというときのことを想定して一緒に考えてみませんか。

意外と知らない避難所の基本、伝授いたします。

 

講座チラシはこちら→「意外と知らない避難所基本講座」チラシ [PDFファイル/634KB]

日時

◆第1回◆ 

令和4年6月26日(日曜日)午後1時30分~3時30分

「防災士に聞く!避難所運営って何ですか?」

そもそも避難所の自主運営って?自助・共助・公助って?みんなが過ごしやすい避難所にするためのルールはどうする?
知っているようで意外と知らない避難所運営の基本をお伝えします!

◆第2回◆

令和4年7月3日(日曜日)午後1時30分~4時30分

「体験ゲームで体感!HUGで運営シミュレーション」

避難所に、小さな子ども連れやペットを連れた人が来たらどうする?炊き出しはどの場所で行う?多様な視点を生かしたつくりになっている?など、実際に避難所を運営するための注意点やルール作りのポイントを避難所運営ゲームHUGで体験してみましょう!

講師

横山 恭子(よこやま たかこ)さん【NPO法人日本防災士会 全国講師

横山さん写真

兵庫県神戸市生まれ。加古川市在住。
阪神淡路大震災は、加古川市で被災し、家具やブロック塀が倒壊するなどの被害に遭ったが物資仕分けボランティア等に参加することにより防災について考え始めた。
2006年に結成された 加古川市消防団女性分団 の初代代表に就任し、防火活動をしながら更なる防災知識・技術を身につけるため、2011年に防災士資格取得。
防災士として東日本大震災や丹波市豪雨災害、熊本地震、西日本豪雨災害などの被災地支援活動を行い、現在は、被災地経験を生かした防災講義やチェーンソーなどを扱うテクニカルボランティアとして活動。

対象

テーマに関心のある方

定員

30名

場所

岸和田市立男女共同参画センター(岸和田市加守町4丁目6番18号) 

申込

直接・電話(072-441-2535)(月曜日・祝日を除く、午前9 時~午後5時30分)
FAX(072-441-2536)・メール(danjoc@city.kishiwada.osaka.jp)にて岸和田市立男女共同参画センターまで
FAX・メールでお申し込みの方は、本文に(1)講座名(2)〒住所(3)氏名(4)電話番号をご記入ください。

主催

岸和田市立男女共同参画センター

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada