ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 男女共同参画センター > きしわだ男女共同参画フォーラム2019「大人女子マンガのヒロイン的生き方 タラレバを言いながらも超現実主義な彼女たち!?」を開催しました。

本文

きしわだ男女共同参画フォーラム2019「大人女子マンガのヒロイン的生き方 タラレバを言いながらも超現実主義な彼女たち!?」を開催しました。

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2019年8月16日掲載

  イメージ画像

 

 きしわだ男女共同参画フォーラム2019「大人女子マンガのヒロイン的生き方―タラレバを言いながらも超現実主義な彼女たち!?―」を開催しました。


 東北芸術工科大学で講師を務める傍ら、タバブックスやラジオで連載を抱えるライターのトミヤマユキコさんを講師としてお迎えし、時代と共にテーマが大きく移り変わりつつある【大人女子マンガ】と女性の生き方についてご講演いただきました。

日時:令和元年8月31日(土曜日)

場所:岸和田市立男女共同参画センター

参加者:104名

トミヤマユキコさん   トミヤマユキコさん

講座風景  講座風景

大人女子マンガは人生の参考書である

 大人女子マンガの中では女性の労働観や人生観などが描かれた名作が多く、男女雇用機会均等法の施行や長引く不況など、それぞれの時代がキャラクターに反映される。
戦後からの少女マンガでは恋愛が主体が多く、職場が舞台になったとしても「背景」にしかすぎなかった。
また、ヒロインや登場人物の職業も女優やバレリーナなど少女たちの夢である「憧れの対象」であったものが
近年では「背景」に過ぎなかった職場が舞台となり、会社勤めのごく普通のOLが主人公になるなど変化してきた。

女子マンガと労働

それから、トミヤマさんがお勧めする女子マンガ5選について。
大人気アニメとなった作品や、連続ドラマ化された作品など、どれもトミヤマさんらしい切り口で解説。
恋愛のことに関しては大きな妄想を膨らます作者も、仕事に関しては案外真面目で
作者の労働感が出ていて大変面白い。
それは新たなマンガの「読み筋」ではないだろうか。

シンデレラストーリーを超えてゆけ

少女漫画といえば恋愛主体だったものが、女子マンガでは恋愛のウエイトが低いものが目立つようになってきた。
大人女子マンガにおいては、受け身のいい子ではなく主体的な女性がリスペクトされてきている。
背伸びした幸せではなく、身の丈に合った幸せを選んで何が悪い!?と女性キャラクターが変わりつつある。
それを受け王子様を待つばかりではなく、自分のサポートをしてくれるような王子様を求めている。
女性は王子様を待って、憧れのシンデレラストーリーを夢見ているだけではなくどんどん変化してきている。

アンケートより

アンケート回収 95名(アンケート回収率 92.2%)

本日の内容はいかがでしたか?

 
(1)大変よかった 43%
(2)よかった 42%
(3)あまりよくなかった 2%
(4)よくなかった 0%
無回答 13%

今までに「男女共同参画」への関心はありましたか?

 
(1)とても関心があった 25%
(2)関心があった 49%
(3)あまり関心がなかった 19%
(4)関心がなかった 2%
無回答 5%

本日ご参加いただいたことで「男女共同参画」についての関心や理解は深まりましたか?

 
(1)とても深まった 14%
(2)深まった 56%
(3)あまり深まらなかった 6%
(4)深まらなかった 0%
無回答 24%

年代

 
10代 1%
20代 3%
30代 12%
40代 21%
50代 19%
60代 27%
70代以上 15%
無回答 2%

講師

トミヤマユキコさん写真

トミヤマ ユキコさん【ライター・東北芸術工科大学講師】

1979年生まれ。秋田県出身。早稲田大学法学部、同大大学院文学研究科を経て、東北芸術工科大学で講師として勤務。ライターとして日本の文学・マンガなどについて書きつつ、大学では日本の少女マンガやサブカルチャーについての研究および、編集・ライティング関連の講義を行っている。
現在、タバブックスにて「労働系女子マンガ論!」連載、NHKラジオ「すっぴん!」、TBSラジオ「アフターシックスジャンクション」でのマンガ紹介コーナーを担当。著書に『40歳までにオシャレになりたい!』(扶桑社)、『大学1年生の歩き方』(共著、左右社)、『パンケーキ・ノート』(リトルモア)、『夫婦ってなんだ?』(筑摩書房)がある。

主催

岸和田市


Danjiri city kishiwada