ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 男女共同参画センター > 「防災リーダーはママ!-わが家に潜む危険を探せ!-」講座を開催しました。

本文

「防災リーダーはママ!-わが家に潜む危険を探せ!-」講座を開催しました。

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年12月2日掲載

 

講座タイトル

防災リーダーはママ!チラシ [PDFファイル/549KB]

日時

6月27日(土曜日)
【おはなし編】午前10時~12時
【実践編】午後1時30分~3時30分

 

午前と午後の部に分け、午前中は自宅内に潜む災害時の危険個所の見つけ方や避難方法、備蓄するものについても詳しく教えていただきました。
自分の肩の高さより高い位置にあるものは、災害時には危険な物になりやすいという先生のお話を踏まえワークショップで、それぞれ参加者が危険な場所をそれぞれ挙げていきました。
簡易トイレや間接照明の作り方など、とても役立つ方法を学びました。
講座風景 講師写真

ワークショップ 照明

 

午後の部は実際に避難した先での過ごし方についてお話しいただきながら、簡易ベッドやパイプ椅子を組み合わせた簡易寝床など廃材を使って実際にみんなで作成。
避難所での過ごし方や、注意点などを教えていただきました。
実際に段ボールに、同じ大きさの段ボールを詰めてつくった簡易ベッドは想像よりもすごくしっかりしており「絶対に覚えておきたい!」と参加者さんからも声が上がりました。
簡易ベッド作成 ベッド完成

椅子ベッド 講師写真

 

アンケートより

◆もっと多くの人に知ってもらいたい内容だと思いました。周りの友人にも教えてあげようと思います。


◆介護用品は進化しているので、本当に便利でぜひ活用したいと思いました。


◆日頃からある程度は備えていましたが、今日お話を伺ってまだまだだなと気づかされました。家中の点検はすごく役に立ったので、トイレの備蓄は帰ったら早速実践します。


◆お話だけでなく実践編との組み合わせが、より身につく方法だと実感しました。

講師

大槻さん写真

講師 大槻 由美(おおつき ゆみ)さん(NPO法人とれじゃーBOX理事長)

堺市南区新檜尾台校区連合こども会会長をきっかけに地域福祉活動に参加。2009年2月に防災士の資格を取得。以来、地域のコミュニティ防災に取り組み、特に女性・ママならではの視点でのコミュニティ防災を展開。校区防災委員長、連合自治会副会長、単位町会会長を歴任し地域の防災に取り組んだ。コミュニティ防災分野での男女共同参画の必要性を強く感じ、2014年12月にNPO法人を設立し、同様にコミュニティ防災分野で活動している方々の支援に領域を切り替えて活動中。

場所

岸和田市立男女共同参画センター

主催

岸和田市立男女共同参画センター

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Danjiri city kishiwada