ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 財務部 > 市民税課 > 公的年金等受給者で確定申告が不要になった方へ

本文

公的年金等受給者で確定申告が不要になった方へ

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2012年6月15日掲載

公的年金等受給者で確定申告が不要になった方へ

【市・府民税の控除について申告漏れはありませんか?】

 公的年金等の収入金額(2か所以上ある場合は、その合計額)が、400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の方は、平成23年分から所得税の確定申告の提出が不要になりました。(※還付を受ける場合は申告できます)

 確定申告が不要となった方で、市・府民税の申告をしなかった方の所得控除は「公的年金等の源泉徴収票」の記載内容のみの適用となります。その他の控除(扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除、医療費控除等)については、市・府民税の申告をすることによりその控除を受けられる場合がありますので、詳しくは市民税課賦課担当までお問い合わせください。


Danjiri city kishiwada