ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 桜台市民センター > ときわ家庭教育学級 第7回・第8回学習会を行いました

本文

ときわ家庭教育学級 第7回・第8回学習会を行いました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2019年12月10日掲載

ときわ家庭教育学級(桜台市民センター 常盤地区公民館)

11月5日(火曜日)、11月19日(火曜日)に、ときわ家庭教育学級第7回第8回学習会を行いました。
アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル 福成 二三代氏を迎えて、「アンガーマネジメント」をテーマに講義していただきました。
「アンガーマネジメント」とは、怒りと上手につきあう方法です。
グループに分かれて、参加者それぞれの「~するべき」について、意見交換するワークショップも行いました。他者の価値観に触れながら「怒りの感情」について学びました。
  ・衝動は6秒我慢
  ・不要な~べきを手放す
  ・しょうがないことは割り切る
この3つの実践を心がけて、子育てや家庭の中で、また、仕事の人間関係においても、もっと楽に穏やかに毎日を過ごしてくださいとご教示いただきました。
お母さんが受講している間、お子さんは児童保育室で公民館保育指導者がお預かりし、皆で仲良く遊んでいました。
アンガー アンガー アンガー

~アンケートより~

・前回(1回目)の講座を受けてから、許せるゾーンの範囲が広がり、イラッとする事が少なくなりました。これからも、自分の想い、伝えたい事を明確に伝え、怒りをコントロールしていきたいです。

・アンガーマネジメントの講座を初めて受講でき、自分のために役立つ事を学べて嬉しい時間になりました。少しずつ私が変われて、子どもも夫も変わってもらえるように意識して生活したいです。子どもも保育があり、1人の時間を持てて嬉しかったです。ありがとうございました。

・子どもが今小5で、学校生活などでイライラや怒りもある事があるので、学校の授業でアンガーマネジメントの授業があれば良いのになあと思ったりしました。子どもの頃からアンガーマネジメントを知っていたら、世の中での怒りが引き起こす事件なども減るのではないかなと思いました。
どんどん広まると良いなーと思います。

Danjiri city kishiwada