ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > 障害者支援課 > 重度障害者訪問看護利用料助成制度(平成30年3月31日まで)

本文

重度障害者訪問看護利用料助成制度(平成30年3月31日まで)

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2018年4月1日掲載

この制度は、平成30年4月1日より福祉医療費助成制度に整理・統合されました。

今までこの制度の対象であった方は、平成30年4月1日から医療証を提示することにより、医療費の助成を受けていただくこととなります。

なお、平成30年3月31日までに利用されたものは、今までの重度障害者訪問看護利用料助成制度の規定により助成します。

助成の対象となる方

 岸和田市に住所を有し、健康保険に加入している次の要件のいずれかに該当する方。

(1)1級または2級の身体障害者手帳をお持ちの方

(2)知的障害の程度が重度(療育手帳「A」など)の判定を受けられた方

(3)知的障害の程度が中度(療育手帳「B1」など)の判定を受けられた方で、身体障害者手帳をお持ちの方

(4)身体障害者手帳の取得、若しくは判定機関において知的障害の程度の判定に至っていない方のうち、訪問看護指示書において「装着・使用医療機器等」の項目に該当する4歳未満の方

(5)上記(1)から(3)の要件を満たす後期高齢者医療制度加入者

 ただし、本人の所得が別表に規定する額を越える方、他制度(公費負担医療制度等)で同様の助成を受けることができる方等は対象となりません。

助成の対象となる訪問看護とは

 上記に該当する重度の障害者(児)の方が、社会保険各法・国民健康保険法・高齢者の医療の確保に関する法律の規定により、疾病又は負傷のため居宅において継続して療養を受ける状態にあり、訪問看護指示書に基づき、指定訪問看護事業者の看護師等により、居宅において療養上の世話又は必要な診療の補助を受けることです。

 なお、訪問看護の利用は、週3回が限度となります(※末期の悪性腫瘍・厚生労働大臣が定める疾病等を除く)。

 また、介護保険による訪問看護は助成対象外です。

助成の内容

 支払った訪問看護利用料のうち、1訪問看護ステーションあたり1日最大500円の自己負担額(500円に満たないものはその額とし、月2日を限度とします)、同一月内の自己負担額上限を2,500円とし、超えた額を助成します。

 ただし、保険の適用とならないものは助成対象外となります。また、高額療養費や健康保険等より支給される付加給付、国等の負担による療養に関する給付が行われた場合については、それらを控除した額を助成します。

助成の方法(訪問看護利用料助成支給申請)

 訪問看護利用料の助成を受けるには、障害者支援課福祉医療担当で申請手続きが必要です。医療費を支払った後、申請してください。

【手続きに必要なもの】

○助成対象に該当することがわかる身体障害者手帳又は療育手帳等

○健康保険証

○印鑑(認印)

○指定訪問看護事業者発行の領収書(対象者名・訪問看護利用年月日・訪問回数・療養費総額・利用料が明記され領収印のあるもので暦の1ヶ月分すべて)

○本人名義(未成年の場合は保護者名義)の金融機関の通帳(ゆうちょ銀行は振込受取口座指定済のもの)

○主治医の訪問看護指示書又は特別訪問看護指示書

○障害者医療証又は老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療証(お持ちの方のみ)

○所得証明書(申請する年の1月2日以降に岸和田市に転入された方のみ)

*1月から6月の申請は前々年中所得、7月から12月の申請は前年中所得がわかる証明書

○加入している健康保険から付加給付等があった場合はその決定通知書等

助成の適用

 医療証の有効期間開始日を超えて遡及することはできません。また当該月の途中において新たに住民となった方については、その日からの助成となります。

※平成29年1月に制度の一部改正を行いました。

平成28年12月分までの利用料助成については、担当へお問い合わせください。

重度障害者(児)訪問看護利用料助成所得制限限度額 <別表>

【障害基礎年金(国民年金法)の全部支給停止となる額】(下記表の額以下の方が対象)(単位:円)

扶養親族等の数/

老人扶養親族の数

0人

1人

2人

3人

4人

5人

0人

4,621,000

5,001,000

5,381,000

5,761,000

6,141,000

6,521,000

1人

-----

5,101,000

5,481,000

5,861,000

6,241,000

6,621,000

2人

-----

-----

5,581,000

5,961,000

6,341,000

6,721,000

扶養親族等1人増 380,000円加算

老人扶養親族1人増 100,000円加算

特定扶養親族がある者については上記の額に1人増 250,000円加算した額


Danjiri city kishiwada