ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

図書館本館で「セラピードッグで読み聞かせだワン!」を開催しました

印刷用ページを表示する 2021年3月17日掲載

当日の様子を動画、岸和田市公式YouTubeチャンネルでご覧いただけます。

岸和田市公式YouTubeチャンネル(子どもが犬に絵本を!?【チワワ・柴犬・ゴールデンドゥードル】)

 

セラピードッグ

2021年3月7日(日曜日)に、「セラピードッグで読み聞かせだワン!」を開催しました。日本レスキュー協会のセラピー犬として大活躍中の3頭に来てもらいました。

「読書介助犬」とは、子どもが本の読み聞かせをすることで、人前で読んだりお話をしたりすることへの苦手意識を克服するアニマルセラピーのひとつです。

セラピードッグ

セラピードッグ

当日は、新型コロナ感染対策をふまえ、参加者4家族、10人の参加がありました。

小学校3年生から6年生の子どもたちが、まずは本をじっくり選び、犬たちに一生けん命読み聞かせをしていました。

セラピードッグ

セラピードッグ

その間も、犬たちは一言も「ワン!」と吠えずに、ひたすらやさしいまなざしで子どもたちに寄り添っている姿に感動しました。

おひなさまと

参加者全員が大満足の時間を過ごすことができました。