ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「プロフェッショナルの本棚」は芥川賞作家の吉村萬壱さんです

印刷用ページを表示する 2016年12月27日掲載

「岸和田にゆかりのある人が選んだ10冊」に続き、「プロフェッショナルの本棚」を企画展示しています。

7回目は、芥川賞作家の吉村 萬壱さんです。

吉村 萬壱氏の写真
吉村萬壱さんの本棚(おすすめの10冊)  [PDFファイル/89KB]

図書館本館2階にて、吉村萬壱氏の作品展を開催しています。

現在の展示 

図書館本館(岸城町)では、現在、2階の郷土資料コーナーにて、吉村萬壱氏の作品展を開催しています。

  ※この作品展は、平成29年3月26日(日曜日)までです。

図書館本館2階 郷土資料コーナーでの、吉村萬壱氏 作品展 図書館本館2階 郷土資料コーナーでの、吉村萬壱氏 作品展 案内板

 なお、図書館本館 2階カウンター近くにも、吉村萬壱氏の著書や、原稿のコピーなどを展示しています。図書館本館へお越しの際は、是非ご覧ください。

 図書館本館2階カウンター近くの、吉村萬壱氏の作品展示(左半分) 図書館本館2階カウンター近くの、吉村萬壱氏の作品展示(右半分)


以前の展示

以前は、図書館本館 1階の階段の手前(左手)に、展示コーナーを設けていました。

図書館本館1階展示コーナー「プロフェッショナルの本棚」の写真(全体) 図書館本館1階展示コーナー「プロフェッショナルの本棚」の写真(アップ)(展示上部)

【プロフィール】

1961年松山市生まれ、大阪育ち。岸和田には約15年在住。

京都教育大学卒業。

東京都立高校、大阪府立高校、府立支援学校で教諭を務める傍ら執筆を続けていたが、現在は専業作家。

近年は小説だけでなく、絵や創作などでも活躍中。

2014年に自泉会館で「ただいま。カーネーションと現代美術。」展を開催。

【受賞作品】

「国営巨大浴場の午後」 第1回京都大学新聞新人賞

「クチュクチュバーン」 第92回文學界

「ハリガネムシ」 第129回芥川賞

「臣女」 第22回島清(しませ)恋愛文学賞

 

平成28年10月29日(土曜日)、図書館本館にて、秋の読書週間 文芸講演会を開催しました。

 吉村萬壱さんをお招きし、下記のとおり、秋の読書週間 文芸講演会『芥川賞作家が語る 小説家の本音』を開催しました。開催報告につきましては、下記リンクよりご覧ください。

「芥川賞作家が語る 小説家の本音」開催報告

講演会の詳細

 芥川賞作家が以前岸和田に住んでいた!小説家の仕事とは?儲かるのか?誰でも書ける?創作の秘密など、ここでしか聞けない本音や業界マル秘話など楽しいお話が満載です。

 ※内容の詳細につきましては、添付ファイル(ちらしの画像)もご覧ください。

平成28年10月29日(土曜日)吉村萬壱氏講演会ちらし画像「芥川賞作家が語る小説家の本音」 [PDFファイル/3.63MB] 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)