ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「芥川賞作家が語る 小説家の本音」を開催しました

印刷用ページを表示する 2016年10月30日掲載

 10月29日(土曜日)、作家の吉村萬壱さんをお招きして、秋の読書週間文芸講演会「芥川賞作家が語る 小説家の本音」を開催しました。64名の参加がありました。

秋の読書週間文芸講演会「芥川賞作家が語る 小説家の本音」にて講演中の吉村萬壱氏 秋の読書週間文芸講演会「芥川賞作家が語る 小説家の本音」にて講演中の吉村萬壱氏2

 芥川賞を受賞した当時のお話や、その後のスランプ期間の苦悩、交流作家さんのエピソード、原稿料の算出方法などのマル秘話など、楽しいお話や先生のお人柄に、会場全体が笑いに包まれるような和やかな雰囲気で講演会は進んでいきました。

 芥川賞受賞当日のお話や、選考に至った経緯など、普段知る事のできない興味深いお話をたくさん話してくださいました。

 小説家になるための秘訣や、よい作品とはどういう作品か、また、今日から小説を書くためのアドバイスなどを、参加者の皆さんは興味深く聞き入っておられました。

秋の読書週間文芸講演会「芥川賞作家が語る 小説家の本音」の様子 秋の読書週間文芸講演会「芥川賞作家が語る 小説家の本音」にて講演中の吉村萬壱氏3

 質問コーナーでは、会場から頂いた、たくさんの質問に笑いを交えながら丁寧に答えてくださいました。

アンケートから 

  • 小説家を知る上で、大変参考になる内容でした。
  • ありのままの話をしてもらえた。色々なエピソードを聞けて楽しかった。
  • 題のとおり、小説家の本音が聞けてよかったです。
  • 普段聞けない事が知れてよかった。
  • ナマの作家の話が聞けて面白かったです。
  • 原稿用紙に書いてみようと思いました。
  • あっという間の時間でした。すごく楽しかったです。またお聞きしたいです!
  • また吉村先生のお話をお聞きしたいです。
  • 飾らない言葉でお話されていて、すっと心に入ってきました。楽しい時間でした。
  • お話が軽妙で、時間があっという間でした。
  • 普段聞けない小説家の本音が聞けて面白かった。
  • もっと作家の「ばけもの」のエピソードが聞きたかったです。
  • 先生の話を聞くのをずっと楽しみにしてました。楽しく聞くことができました。
  • なかなか知ることができないお話を、とても面白く楽しく拝聴できました。