ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「生涯学習と図書館~今あるヒト、コト、モノで考えよう~」(ともに学び、つながる図書館・実践編3)を開催しました

印刷用ページを表示する 2017年3月15日掲載

3月4日(土曜日)、岸和田市図書館市民委員会と共催で、神戸大学大学院教授の松岡広路先生をお招きして、ともに学び、つながる図書館・実践編3「生涯学習と図書館~今あるヒト・コト・モノで考えよう~」を開催しました。18名の参加がありました。

情報化社会の現代で、本・図書館の可能性は?という問いかけから始まり、図書館にどんな人に来てもらいたいか?その人たちが喜ぶような工夫・しかけを考えて、理想の図書館を作ってみよう!とワークショップが始まりました。

ワークショップの様子 1枚目 ワークショップの様子 2枚目

図書館活動に関わってくださっているボランティアの方、図書館が好きな市民、図書館に関心がある市民、市議会議員に加え、図書館職員もプライベートで参加、図書館長も参加し、賑やかなワークショップとなりました。

ポストイットに出された意見 ポストイットに書かれた意見その2

各グループ、たくさん意見がでました。

発表の様子 ワークショップ発表の様子

各グループ、1分間ずつ発表しました。

1グループ

仕事が忙しい人にはスリーピング椅子を設置する。本が嫌いな人には図書館シアターで上演し、関連本などを展示して興味を持ってもらう仕掛けをつくる。図書館に来館が困難な人には図書館から施設に配本する。おしゃべり好きな人にはおしゃべりしてよい部屋を作るなど、多種多様な意見でした。

2グループ

ショッピングセンター、郷土資料館、自然資料館、公民館、福祉センター、市民相談の場所、など複合体としての図書館。リンクしていることが重要であるという意見でした。本が購入できる図書館、24時間開館など斬新的な意見もありました。

3グループ

市長を図書館PR大使にし、市長に市民がどんな図書館にしたいかをリサーチしてもらう。そして、市民、行政が直接話が出来る場を作り、実現に向けて取り組んでいくというのはどうかという意見と、図書館=本というイメージを払拭し、たとえば「美術」や「スポーツ」など、特定分野に特化した図書館があってもよいのではという意見がありました。

4グループ

観光者への情報提供の場としての図書館。郷土資料の整理、発信の場としての図書館。生涯学習、自己実現の場としての図書館。学校教育に役立つ図書館。行政、市議会議員が市民の課題を発見できる場としての図書館。市の課題解決の資料作りに役立つ図書館などの意見がありました。


各グループ共通して出ていた意見は、1階フロアのバリアフリー、清潔なトイレが必要であること、市民と行政が話し合う場が大切であるということでした。

参加者の感想 

  • みんなでいろいろな案を出しあって作る理想の図書館像を見ることができて楽しかった。
  • 図書館に対してみなさんがどのように思われているかディスカッションできてよかった。
  • このような講座をあちこちでファシリテーターとしてできるようになりたいと思います。
  • 具体案が出てきたのが良かった。
  • 「来てもらいたい人」という立場で考えることが大事だと思った。
  • シリーズ化してください。
  • 今回のようなワークショップがあれば今後も参加したいです。
  • 外の図書館見学したいです。
  • 松岡先生のワークショップは自発性を引き出してくれる。現実とその修正はなかったがそれも盛り込んでほしかった。

 最後に、松岡先生から、継続して自分たちで考えていくことが大切であるという言葉をいただきました。次年度も継続してともに学びながら、実践していきたいと思います。