ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「平田昌広さん・平田景さんのこどもあそび教室」を開催しました

印刷用ページを表示する 2016年12月25日掲載

 12月10日(土曜日)、岸和田ライオンズクラブとの共催で、ご夫婦の絵本作家 平田昌広さん・平田景さんをお招きし、「こどもあそび教室」を開催しました。23名の参加がありました。

 「ことばあそび教室」での絵本の読み聞かせの様子 「ことばあそび教室」での様子

 参加者が会場の前に集まり、アットホームな雰囲気の中、平田ご夫妻の絵本の読み聞かせが始まりました。

 平田ご夫妻の絵本「だんごうおです。」は、珍しい名前の魚がたくさん登場する、ダジャレの効いた絵本です。大人の参加者も、童心に戻り、内容を楽しんでおられました。

 絵本「しろがくろのパンダです。」は、文章の中の助詞を変えると、その文章の意味が変わります。
 この絵本の読み聞かせは、参加者はただお話を「聞く」のではなく、平田ご夫妻とクイズ形式でやり取りをしながら、進められました。全員が「指定された助詞を、どう変えると、どのように意味が変わるのか」を頭をひねって考え、わかった方は挙手をして答え、大いに盛り上がりました。

 「ことばあそび教室」でのワークショップ「ことばのたしざん」の説明の様子 「ことばあそび教室」でのワークショップ「ことばのたしざん」の様子

 また、ワークショップ「ことばのたしざん」では、ある言葉とある言葉を足して、新しい言葉を作る作業を行いました。
 その後、参加者全員が、それぞれ自分の作った言葉を発表していきました。子ども達の自由な発想、豊かな想像力に、平田ご夫妻や大人の参加者から感嘆の声が挙がりました。

 そして、平田ご夫妻より「ことばの大切さ」「家族の愛」についてのお話がありました。お2人のストレートなメッセージは、大人にも子どもにも響いたと思われます。

 「ことば」の面白さを大いに感じ、「ことば」の大切さを噛み締めることの出来た1時間半の教室でした。


主催 岸和田ライオンズクラブ/岸和田市立図書館


参加者のアンケートから

・おもしろかったです。また来てください!

・まさひろ先生のふえがおもしろかったです。

・楽しかったです。言葉の大切さも合わせて、子どもにメッセージ下さってありがとうございました。

・楽しい時間をありがとうございました。

・とても楽しかったです。「ことばのたしざん」で久しぶりにあれこれくっつけて考えました。自分に絵心がないのが残念です。

・参加して、子どもと楽しめて、すごく面白かったです!

平田昌広さん・平田景さんの作品

  • 「いるかはさかなじゃないんだよ」
  • 「おかん」
  • 「おかんとおとん」
  • 「おとん」
  • 「しろがくろのパンダです。」
  • 「すいかのめいさんち」
  • 「だんごうおです。」
  • 「チャレンジ!どんぐりクッキー」
  • 「てんぐ、はなをかむ。」
  • 「どんどんめんめん」
  • 「ぱんつくったよ。」
  • 「みかんのめいさんち」

 など、他にも多数あり。