ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

岸和田市立図書館郷土資料展示「古刹久米田寺」

印刷用ページを表示する 2020年10月12日掲載

図書館郷土資料展示「古刹久米田寺」

2階ガラス展示の様子 2階ガラス展示の様子 2枚目

岸和田市立図書館の2階の郷土資料展示コーナーで、「古刹久米田寺」を展示しています。

令和2年3月19日、大阪府指定文化財の「久米田寺文書(百十六通十七巻)」が国指定重要文化財「紙本墨書 久米田寺文書」に追加指定されました。すでに1905年に指定されていた古文書と合わせて百三十二通十八巻が国指定重要文化財となりました。

久米田寺は、大阪府下で最大の満水面積を有する府指定史跡・名勝久米田池の北西畔に建つ真言宗の寺院。久米田池の完成に伴い、僧行基によって建立された伝えられています。

久米田寺 大門写真

久米田寺 大門

今回は、市立図書館で所蔵している、久米田寺関連の資料を展示しています。「おだいっさん」の名前で親しまれている身近にあるお寺ですが、意外に知らないこともたくさんあるお寺ではないでしょうか。

連動企画として、「久米田寺」に関する講座も予定していますので、合わせてお楽しみください。

※イベントに参加する場合は、ご自宅での検温、会場では、健康チェック表へのご記入、マスクの着用、手の消毒をお願いしています。ご理解ご協力をお願いします。

展示期間

令和2年12月27日(日曜日)まで

 連動企画第1弾 「歴史カフェ~空海と久米田寺」

日時 10月18日(日曜日) 午前10時~12時 

場所 八木市民センター 2階講座室1

申し込み不要ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人数制限させていただく場合があります。また、イベントに参加の際はマスクを着用し、発熱などがある場合は参加をお控えください。

岸和田ブックフェスタ 歴史カフェ「空海と久米田寺」

連動企画第2弾 図書館友の会 市民公開講座「久米田寺の歴史と文化財」

久米田寺明王院住職の上田尚道師による講座です。

日時 11月26日(木曜日) 午後2時~4時

場所 八木市民センター 2階講座室2

定員 40名(※11月6日(金曜日)午前10時から図書館本館(072-422-2142)で受け付けます。申込先着順)