ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

図書館から市内公立保育所へ「りんりんえほんボックス」の配本を開始します

印刷用ページを表示する 2018年12月28日掲載

元競輪選手の山本清治さんから図書館に寄附をいただいて8年目、今年は、市内公立保育所12ヵ所への配本用の絵本を寄贈していただきました。

配本方法

4ヶ月に1度の頻度で約25冊、自動車文庫担当者が配本します。

グループ

保育所

配本月

浜・総合通園センター・城内

4月・8月・12月

旭・修斉

5月・9月・1月

千喜里・春木・城北・大宮

6月・10月・2月

   D桜台・山直北・八木北7月・11月・3月

※配本日は各保育所にFaxで連絡します。

配本初日の12月21日(金曜日)、寄贈者の山本清治さんと一緒に城内保育所を訪問しました。

 城内保育所での様子 

子どもたちの笑顔のために絵本を届けてほしいという山本清治さんの想いが子どもたちに伝わったと感じたひとときでした。

司書による読み聞かせの様子

りんりんえほんボックスの中から1冊、司書が絵本の読み聞かせをしました。これからもたくさんの本を読んでほしいと思います。