ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

図書館友の会 詩の教室 公開講座「駅~出会いと別れ」を開催しました

印刷用ページを表示する 2019年10月3日掲載

 9月5日(木曜日)、岸和田市立図書館 3階 視聴覚室にて、図書館友の会 詩の教室 公開講座「駅~出会いと別れ~」を開催しました。

   詩の楽しさを伝える倉橋健一氏

 講師は、倉橋 健一氏(くらはし けんいち)氏(詩人、文芸評論家)です。

 教室生11名・申込者11名(合計22名)で倉橋氏を囲み、和やかな空気に包まれるなか、講座が始まりました。

 冒頭では、講師の倉橋氏が数編の詩を読み上げ、詩の味わい方についてお話をしてくださいました。

「詩を書こうとすると、つい難しい表現を用いがち。難しい言葉を使うのではなく、普段よく使う言葉で綴りましょう。」

作詩のハードルが、ぐんと下がった瞬間でした。初心者の方にも、「それなら臆することなく詩を作ることが出来る」と感じてもらえたのではないでしょうか。

 また、題材の詩を例に、時の移り変わり・心の変化の表現などについての解説がありました。「今後も、沢山の詩作品に触れ、それぞれの『言葉の持つ魅力』を探ってみたい」と感じさせる、講師のお話でした。  

   詩を読み上げる参加者と、批評をする倉橋健一氏

 お話の後は、参加者が順番に自作の詩を発表しました。

 発表者に対し、講師や教室生から、「(ある文章が)何を表しているのか。」の質問が飛び交う事もあり、発表者がその都度説明。その後、講師による表現方法についてアドバイスや、数々の質問・助言を受け、詩が洗練されていくのが見て取れました。質問・助言によって、発表者のみならず、他の受講者にも新たな「気づき」があり、作詩の幅が広がったのでは、と思います。

 白熱したやり取りが行われ、予定の16時をまわり、時間を惜しむ声が聞こえるなか、公開講座が終了しました。活気にあふれた2時間30分でした。

 倉橋先生、岸和田市図書館友の会 教室生の皆様、受講された皆様、どうもありがとうございました。

アンケート結果

  • 先生のお話が良かった。
  • 沢山の方の参加で、活気のある公開講座になりました。
  • 詩の教室の方々の詩に圧倒されました。詩や文章を書いた事がほとんどなく、ただただ凄いなぁと思いました。倉橋先生の詩は勉強になります。

  • 先生の詩についての批評が大変勉強になりました。理論的で、よく理解できる指導でした。

  • 作者の思いを受け、詩の作り方・(ぴったりの)題・詩の流れ・リズム等を、丁寧に教えていただきました。ありがとうございました。

  • 丁寧で楽しいお話・批評が聞けました。

  • 先生の批評が、とても良かった。的確で勉強になりました。

  • 皆さんが熱心で、良い講座でした。


 主催:岸和田市図書館友の会・岸和田市立図書館


 

教室の見学においでください

 

 図書館友の会 詩の教室は、下記の日程で活動しています。

 見学をご希望の方は、事前に、図書館本館へ、お名前・ご連絡先をお伝えください。図書館友の会 詩の教室生(窓口代表者)より、折り返しご連絡いたします。

 (当日の急なご参加は、準備の都合上、ご遠慮いただいております。)

  • 活動日時    毎月第1週木曜日 午後1時30分~4時
  • 活動場所    岸和田市立図書館 3階 視聴覚室
  • お問い合わせ  岸和田市立図書館へ直接または電話(072-22-2142)にて。

  ※お問い合わせ・参加ご希望のお返事について
   図書館友の会 詩の教室生(窓口代表者)より、折り返しお電話いたします。
   折り返しのご連絡に、少々お時間(お日にち)をいただく場合もあります事を、ご了承ください。