ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第2次岸和田市子ども読書活動推進計画に関するパブリックコメントの結果

印刷用ページを表示する 2013年12月3日掲載

第2次岸和田市子ども読書活動推進計画(素案)に対するご意見と市の考え方

今回素案に対して市民の皆様からいただいた意見の概要と市の考え方を公表します。

意見公募の概要

 意見公募の告知

 広報広聴課情報公開コーナー、各市民センター、山滝支所、図書館本館に備えつけたほか、市ホームページに掲載。

 意見公募期間

 平成25年9月1日(日曜日)から平成25年10月1日(火曜日)まで

 意見提出方法

 意見公募用紙に住所、氏名などと素案に対する意見を記入し、直接または郵送、ファクス、インターネットで図書館本館まで提出。

 公募意見のまとめ

 意見提出件数4名(15件)

 ご意見の概要意見の数市の考え方
1 学校図書館は子どもたちの知的好奇心を刺激する資料を提供するところです。
 また読書によって様々な価値観に触れ、豊かな人間性を育むところです。
 そして、教諭の創意工夫に富んだ授業をつくりだしていくための教育的意義を持つ、学校教育において欠くことのできない基礎的な施設です。
 今後も学校図書館を中心とした子どもの読書環境・学習環境の充実に向けたより一層の取り組みを進めていって欲しいと思います。
1今後も学校図書館を中心として、子どもの読書環境・学習環境の充実に向けて、取り組んでいきます。
2小学校において学校図書館コーディネーターの成果が出ているのであれば、ぜひとも中学校においても学校図書館コーディネーターの配置を要望します。1関係各課との協議も含めて検討していきます。
3学校図書館コーデイネーターの配置を授業に生かすため、学校間や図書館司書教諭の先生方との連携を考えてください。1関係各課との協議も含めて検討していきます。
4推進計画の進み具合を毎年確認して市民に公表するべきです。1(仮)岸和田市子ども読書活動推進会議の開催を計画の中にも記しています。その会議の中で進行管理もしていきます。
5職員を増員し、もっと図書館(学校図書館含む)を楽しく利用しやすくしてもらいたい。1今回の推進計画の実現を図り、子どもたちの読書環境を整えるよう、一層推進していきます。
6その他学校図書館コーディネーターなどに関すること10今回は素案の内容について意見を公募したものであり、個別の要望に関することについてはその対象に該当しませんので、お答えできません。