ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 市長の部屋 > 令和2年 新年市長訓示

本文

令和2年 新年市長訓示

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年1月9日掲載

明けましておめでとうございます。

市役所の仕事初めには管理職などを集めて挨拶を行う、年頭の市長訓示という行事がございます。今回の市長コラムでは、この挨拶を紹介させていただきます。


 市長年頭訓示

皆さん新年あけましておめでとうございます。皆さんにおかれましては、ご家族やご友人と清々しく新年を迎えられましたこと心よりお慶び申し上げます。

私はと申しますと、年末年始に多少の空き時間がありましたので、以前お世話をしていた施設の人達と交流もできましたし、懐かしい友人とも会うこともでき、人間らしい年末年始を過ごすことができました。何よりやはり、親族でありますとか自分の家族でありますとか、近いファミリーと一緒に過ごす時間を持てて非常に幸福でした。

そのように自分が幸福な時間を過ごすと、そんななかで、さびしい想いをしている人がいるんじゃないかと、より考えてしまうことがありまして、例えば、貧困の中で喘いでいる方もおられると思いますし、一人で寂しく過ごしている方もおられると思いますし、子どもたちのなかにも、今まさに命の危機に瀕している子どももいますし、虐待を受けている子どももいます。そういった社会において、我々のように幸福なお正月を迎えることができない人たちもたくさんおられるわけで、やはりそういう方々も含めて楽しいお正月を過ごせるような、そんな社会づくりをしていかなければならない、そういう気持ちにさせられました。

そのためには、この日本という国がさらに豊かになって、力強くなって、そういう方々も含めて、みんなで楽しいお正月を迎えられる、そんな国にしていかなければならないわけでありまして、この岸和田市役所も今でも十分力強い組織だと思いますが、よりパワーアップしてやっていかなければならないと改めて思います。

そんな中で、皆さんご存じかと思いますが、組織論としまして、サッカーと野球とは全く違う組織形態でありまして、例えば野球は非常に管理的であり、攻撃と守備においても、攻撃の時間であれば攻撃し、守備の時間であれば守備をする、また、ポジションも決まっており、それぞれのポジションでやらなければいけないことがほぼ決まっており、そういった意味で非常に管理的であります。その中で自分の能力をしっかりと発揮してオーダーに応えていくというのが野球であります。これは市役所の組織と非常に似ていると思います。

一方でサッカーが最近流行っておりますが、サッカーは非常に流動的でそれぞれのプレイヤーが自律的に動くスポーツであり、試合時間の90分のなかで攻撃と守備の時間というのは決まっておりません。常にいつ何時、陣形が崩れて守備に転じることがあるかもわかりませんし、どこにボールが飛んでくるかもわからないなかで、それぞれのプレイヤーが自律的に動く組織がサッカー型の組織といわれております。

これからの時代は、野球型の組織からサッカー型の組織へと変えていく必要があると言われております。市役所の組織というのは、先程も申し上げたとおり、完全に管理型で野球型であるので、打席に立ったときの自分の役割や、バントが求められている、ホームランを求められているといったオーダーも決まっている、そのような組織でありますが、そんななかでサッカー型の自律的な要素をどれだけ取り込んでいけるかということが非常に重要であり、自由にプレイできる余地というのを組織の中で作っていくということを、みんなの工夫の中でやっていくことが、これからの市役所づくりの中で必要なことだと思います。これはなかなか難しいことですから、本日お集まりの役職の皆さんが中心となって、いろいろ日々の業務をしながら、いかにそれぞれのプレイヤーが自律的にプレイできるような組織をつくっていくかということをこれからも考えていただきたいと思います。

そのようなことを考えていますと、三谷幸喜さんの昔のドラマで「王様のレストラン」を思い出します。このドラマを経営学の観点で見ますと、フローティングリーダーシップというリーダーシップ論で説明できます。フローティングリーダーシップというのは、リーダーが常にリーダーであるという訳ではなくて、フローティング(ぷかぷかと浮いているような形)し、リーダーが移動します。ですから仕事の時間中はそのチームのリーダーがリーダーなんですが、例えば仕事が終わって昼休みの時にどこどこに食べに行きましょうとか、もしくは飲み会の時に次はどこに行きましょうとか、リーダーが変わる瞬間がありまして、その局面局面によってリーダーが変わっていく、それをうまく描いているのが「王様のレストラン」というドラマでありました。

これも市役所がこれから新しい形へ変わっていくためのひとつのヒントなのかもしれないというふうに思います。我々が通常のリーダーとフォロワーという形で仕事やミッションをこなしていくなかで、時には若手の職員がリーダーシップを発揮する。これもひとつのリーダーシップであり、フローティングリーダーシップなんだと思いながら、感じながらやっていただいたら、その時その時に必要なリーダーが現れてくるのではと思っています。

また、「王様のレストラン」に出てくるレストランの名前はベルエキップという名前でした。ベルエキップというのは「良き仲間」という意味であります。市役所の皆さんはずっと市役所にいますが、私は選挙で選ばれた、たった4年間の任期で来ている者であります。しかし、この4年間は皆さんとしっかりとしたチームワークで、良き友として、良き仲間としてこの時代を共に突き進みたいと思っておりますので、どうか今年1年もよろしくお願いしたいと思います。

結びに、皆さんのご健康とご多幸、そしてご家族お友達のご健康とご多幸を心より祈念申し上げまして、皆様に対しての私からの新年のご挨拶に代えさせていただきます。

どうぞ皆さん今年もよろしくお願い申し上げます。 


 このように、私の思いを伝え、業務を始めました。

 私を先頭に職員一丸となって市政運営を進めてまいりますので、市民の皆さまにおかれましても、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。


Danjiri city kishiwada