ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

山の日ラボ2022(8月11日)

印刷用ページを表示する 2022年6月29日掲載

星形ペンダントチリメンモンスター鉱物標本古生物はんこ竹眼鏡昆虫切り紙

毎年恒例の「山の日まつり」ですが、本年は、昨年に引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小し、かつ、事前申込者を対象として、専門家による生物や地質学、古生物学に関する実習を行います。
内容は、昆虫切り紙、神於山の竹でメガネをつくろう(午前のみ)、鉱物や化石を選んで私だけの標本箱をつくろう、大阪湾のチリメンモンスターさがし、古生物はんこを使ってハンカチをつくろう、星形ペンダントをつくろう(午後のみ)、小さな生き物を電子顕微鏡で見てみよう、わなげのおっさんです。おとなの方だけの参加も歓迎します。

 

当日のプログラム(会場は1階ホール、2階ミニ実習コーナー、3階ロビー)

実施内容と講師

A.昆虫切り紙(中村進氏)

B.神於山の竹でメガネをつくろう(神於山保全くらぶのみなさん・午前ア・イのみ)

C.鉱物や化石を選んで私だけの標本箱をつくろう(数田裕樹氏・材料費200円)

D.大阪湾のチリメンモンスターさがし

E.古生物ハンコを使ってハンカチをつくろう(谷村諒氏・材料費300円)

F.世界一やわらかい鉱物・滑石で星形ペンダントをつくろう(泉大津市立池上曽根弥生学習館のみなさん・午後ウ・エ・オのみ)

小さな生き物を電子顕微鏡で見てみよう 協力:株式会社日立ハイテク
わなげのおっさん(午後のみ・泉南市埋蔵文化財センターのみなさん)は、申込者全員が体験できます

実施時間

各プログラム共通

(ア)10時30分~11時15分 定員6名(1講座あたり)

(イ)11時30分~12時15分 定員6名(1講座あたり)

(ウ)13時30分~14時15分 定員6名(1講座あたり)

(エ)14時30分~15時15分 定員6名(1講座あたり)

(オ)15時30分~16時15分 定員6名(1講座あたり)

  • 日時:2022年8月11日(祝日)10時30分~16時15分
  • 定員:各時間帯6名(対象は小学生以上・小学生は保護者同伴)1組あたり3名以内でお申し込みください。
  • 場所:自然資料館1階ホールおよび2階ミニ実習コーナー、3階ロビー
  • 費用:高校生以上の方が2階、3階に入館される場合は入場料200円が必要です。
  • 申込方法:往復はがきか電子メール(携帯電話からは不可)で、7月25日(必着)までに、保護者を含む参加者全員の〒番号・住所・氏名・年齢か学年・希望するプログラムと時間帯(複数可・どの時間帯でもよい場合はその旨明記のこと)を記入し、自然資料館「山の日ラボ2022」係までお送りください。申込者多数の場合は抽選を実施します。なお、規定以外のお申し込みや記入漏れについては、失格となる場合がありますので、ご了承ください。
  • 主催:きしわだ自然資料館


※駐車場がせまいので、お近くの方はなるべく公共交通機関でお越しください。当館の駐車場が満車の場合は、岸和田市役所横の駐車場に止めてください。無料駐車券をお渡しします。

当日申込なしの参加は、かたくお断りします。