ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

連続講座「ちぬの海とにおの湖、間をつなぐ川しらべ」

印刷用ページを表示する 2022年8月20日掲載

  漁港たんけん琵琶湖

 

 琵琶湖で活動する環境学習等支援グループ「びわたん」との共催で、大阪府最大の漁獲量を誇る「岸和田漁港」の漁獲物の見学と漁港たんけん、近畿の水がめ「琵琶湖」での貝漁体験と環境学習、そして、琵琶湖と大阪湾をつなぐ「淀川」についてあくあぴあ芥川で学ぶ連続講座を行います。3回連続で参加できる方が対象です。終了後、参加者のみなさまには参加感想のレポートを書いていただきます。

 なお、本事業は公益財団法人河川財団による、河川基金の助成を受けて実施します。

  • 日時と場所:2022年8月28日(日曜日)10時00分~16時00分 岸和田漁港・9月24日(土曜日)10時00分~16時00分 琵琶湖菖蒲漁港(滋賀県野洲町)・12月中の土日のいずれか:あくあぴあ芥川(大阪府高槻市)
  • 集合場所は、当選者にのみお知らせします。
  • 講師:岸和田漁港のみなさん、菖蒲漁港のみなさん
  • 定員:小学生以上15名(小学生は保護者同伴)幼児同伴不可
  • 費用:ひとり3,000円(バス代ほか)
  • 申込:往復はがきか電子メールで、保護者を含む参加者全員の郵便番号・住所・氏名、学生の場合は学年・電話番号を記入し、きしわだ自然資料館「連続講座」係まで。
  • 主催:環境学習等支援グループ「びわたん」・きしわだ自然資料館