ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 教育委員会フォトニュース > 運動会【山直北幼稚園】

本文

運動会【山直北幼稚園】

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年10月29日掲載

10月18日(日曜日)に山直北小学校・幼稚園の運動会が開催されました。

 今年度は新型コロナウィルス感染予防の観点から各学年、出場種目は“かけっこ”と“団体表現(ダンス)”の2種目とし、保護者は2名まで、午前中のみの開催となりました。

 今年度の団体表現は、“すすめ!ちびっこ海賊団!”と題し、3歳児はかわいい『エビ』『カニ』、4歳児・5歳児は『海賊』に変身してダンスをしました。

 5歳児は、取り組み当初から、年長児の自覚をもって頑張る姿が見られました。様々なアイディアを出して考えたダンスの振りつけや並び順を覚える時も「○○くんこっちやで!」と友達と声を掛け合ったり、「次はこれやから、こうしよう!」と先を見通したり。また、ダンスの一部で手に持つ“旗”(練習用)を手作りしました。友達と「こっち、持っとくわ。」「こうしたらうまく巻けるで!」と協力することで、学年としての結束力も強くなり、様々な力が身に付きました。

 4歳児は5歳児がリードしながら教えてくれた‟ひょっこりひょうたん島”の曲で踊るのが大好きで、歌いながらリズムに合わせて踊る姿が見られました。練習用の“旗”や衣装にオリジナルの絵を描く時には、5歳児が教えてくれたり、手伝ってくれたりしました。関わりの中で、5歳児に対する憧れの気持ちが日毎に大きくなり、「年長さんに負けんと頑張るねん!」と一生懸命に練習する姿が見られました。

 3歳児は、体操・表現遊びを兼ねた“エビカニクス”を教師や友達と楽しみ、負担なく取り組めるようにしてきました。“エビカニクス”に出て来る『エビさん』『カニさん』になりきって踊るようになってからは、園にいる“ザリガニ”に挨拶をしたり、声をかけたする姿も見られました。

 各年齢、意欲的にダンスを踊り、楽しむ中で、3歳児には“エビさん”“カニさん”から、4歳児・5歳児には“海賊”から運動会で身に付けるものが手紙と一緒に届きました。手紙が届くのは決まって園庭にいる時、上空をヘリコプターが飛んでいました。ある時は空から手紙が降ってきたり、園庭のうさぎ小屋の裏にプレゼントが隠されていたりしたため、子ども達は「海賊がヘリコプターから手紙、落としたんや!」「ぼくらのこと、ヘリコプターから絶対、見てるなぁ!」と大興奮!友達とイメージを共有しながら更に意欲が湧き、日々の練習に一生懸命、取り組む姿が見られました。5歳児からは、「いつも海賊さんから手紙くれるから、お返事、書きたいねん!」と手紙を書く姿も見られ、主体性も増し、優しさも育ってきました。

 123

  運動会前日は雨・・・しかし、子ども達の日々の頑張りの甲斐あって、運動会当日は雨も上がり、無事に開催。心を1つにして、ダンスを踊る姿が見られました。かけっこでは、前日の雨で足元がまだ少し緩かったためか、足がもつれそうになりながらもゴールを目指した子、転びながらも立ち上がり、最後まで走りぬく子などの姿が見られました。5歳児はダンスだけでなく、開会式や応援合戦で、旗持ち係や、声係、応援団など、自分の役割も理解しながら頑張る姿も見られ、一人一人の頑張りがキラリと輝いた運動会となりました。

 

 

 

 

 

 


Danjiri city kishiwada