ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会フォトニュース > 平成28年8月10日 岸和田市教育フォーラム 【学校教育課】

平成28年8月10日 岸和田市教育フォーラム 【学校教育課】

印刷用ページを表示する 2016年8月22日掲載

平成28年8月10日水曜日に、岸和田市立浪切ホールにて岸和田市教育フォーラムを開催しました。

「ユニバーサルデザインを意識した教育を考える ~すべての子どもが「分かる」「できる」授業づくりをめざして~」というテーマを掲げ、実践発表ならびに基調講演を通して、参会者の皆様とユニバーサルデザインを意識した授業づくりについて考えました。

今年度は、開会の前にセレモニーを行いました。岸和田市立産業高等学校ダンス部の皆さんによる躍動感あふれるダンスが繰り広げられ、参加者からは「元気をもらった」「表情が豊かで圧倒されました」という声が多数寄せられました。

フォーラムの前半は、岸和田市立八木小学校 杉原 俊弘先生から、「通常学級での特別支援教育 ~クラスのユニバーサルデザイン化を目指して~」というテーマで、熱心な取組みをご発表いただきました。これまでの取組みの流れを具体的な写真等で紹介するとともに、学校をあげて取り組むことの大切さを、発表を通して発信してくださいました。参加者からの感想に、「参考にしてすぐにでも取り組みたい」「大いに刺激を受けました」といった意見が多く見られました。

ダンスの様子  発表の様子

             岸和田市立産業高等学校のダンス                     岸和田市立八木小学校 杉原先生の発表

ファーラムの後半は、筑波大学附属小学校 桂 聖先生をお迎えし、「全員が楽しく学び合い「わかる・できる」授業づくり-国語授業のユニバーサルデザインを中心に-」という演題で、ご講演いただきました。ユニバーサルデザインを意識した授業づくりについて、ペアでの活動を通して考え、具体的な実践事例も数多く紹介していただきました。

各学校においては、教育フォーラムの内容を参考にしながら、2学期以降の取組みを充実させていきます。