ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 広報きしわだ > 広報きしわだ 令和3年(2021年)3月号16面

本文

広報きしわだ 令和3年(2021年)3月号16面

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2021年3月1日掲載

新型コロナウイルス感染症 気を抜くことなく感染予防を

2月17日(水曜日)時点の情報です

緊急事態宣言の発出期間が3月7日(日曜日)まで延長されました。状況に応じて宣言の解除も検討されていますが、引き続き感染拡大防止にご協力をお願いします。

  • 不要不急の外出や移動は自粛してください。
  • こまめな換気・手洗い・消毒、咳エチケット、3密(密閉・密集・密接)を避けるなどの「新しい生活様式」にご協力ください。

発生状況や支援事業一覧など新型コロナウイルス関連情報を市ホームページに掲載しています。準備が整い次第、ワクチン接種に関する情報も掲載します。

新型コロナウイルス関連情報(市ホームページ)にはこちらからアクセスできます。

医療の現場から -誰かの命を守るために-
岸和田市民病院 院長 小切匡史

岸和田市民病院 院長の写真

市民病院では職員全員がワンチームとなり、新型コロナウイルス感染症に立ち向かっています。中等症・軽症の患者さんの入院を受け入れ、その他の診療もほぼ通常どおり継続しています。
診療の現場で感じるのは、食事の際に特に注意が必要だということです。自宅での宴会もNGです。PCR検査では、感染していても約30%の人に陰性の結果が出ます。結果が陰性でも、体調が悪ければ2週間は出歩かないようにしてください。行動自粛をしなかったために、重症化リスクのある人に新型コロナウイルスをうつしてしまい、命を奪う可能性があることを十分認識してほしいと思います。

ひとりで悩まず相談を
問合せ 保健センター(電話:072-423-8811)

警察庁自殺統計速報値によると、昨年自殺で亡くなった人の数は全国で20,919人。
府内でも1,379人が亡くなっています(2020年12月末現在)。自殺は、様々な要因が複雑に関係し、その多くは「追い込まれた末の死で、防ぐことができる社会的な問題」であると言われています。

悩みはひとりで抱え込まず、専門の相談機関に相談を

こころの健康相談統一ダイヤル(電話:0570-064-556)

月~金曜日午前9時半~午後5時
(3月1日(月曜日)午前9時半~3月31日(水曜日)午後5時の期間は常時受け付け)

その他の電話相談先

府が実施
相談先 電話番号 開設期間
府こころの電話相談 06ー6607-8814 月~金曜日9時30分~17時
(水曜日は40歳未満の人専用。祝日を除く)
保健所の精神保健福祉相談 072-422-6070 月~金曜日9時~17時45分
府妊産婦こころの相談センター 0725ー57-5225 月~金曜日10時~16時
新型コロナこころのフリーダイヤル 0120ー017-556 3月31日(水曜日)までの9時30分~17時(土・日曜日、祝日も開設)
各団体が実施
相談先 電話番号 開設期間
関西いのちの電話 06ー6309-1121 24時間、365日
大阪自殺防止センター 06ー6260-4343 金曜日13時~日曜日22時(57時間)
こころの救急箱 06ー6942-9090 月曜日19時~火曜日3時(8時間)
木曜日19時~22時
自殺予防いのちの電話 0120ー783-556 毎月10日8時~翌日8時(24時間)

府こころのほっとライン 新型コロナ専用

水・土・日曜日 午後5時半~10時半(最終受付は午後10時)

新型コロナウイルス感染症に関する不安やストレスなどの相談にLINE(文字チャット)でお答えします。下のQRコードからアクセスし、LINEアプリから「友だち登録」してください。

大阪府こころのほっとライン 新型コロナ専用 ラインアプリQRコード

その他の相談機関など

下記から府ホームページの悩みの相談窓口一覧にアクセスできます。ご利用ください。

大阪府ホームページ悩みの相談窓口一覧はこちら(外部リンク)

大切な人を自死で亡くしたら…

辛い思いを抱え込まず、専門相談員に相談してください。

自死遺族相談(要予約)

月~金曜日午前9時~午後5時45分
予約・問合せ…府こころの健康総合センター(電話:06-6691-2818)

身近な人の悩みに気づいたら…

温かく寄り添いながら相手の悩みに耳を傾けましょう。専門家への相談を勧め、じっくり見守ることが大切です。

こころを健やかに保つためのセルフケア

  • 休息や睡眠、食事や水分を十分にとる。
  • 眠れない、寝つきにくい、気分が落ち込む、怒りっぽくなるなど、体と心の変化に気づき、不調が続く場合は専門家に相談する。
  • ストレッチなどで体を動かしたり、ゆっくりお風呂に入るなど息抜きや気分転換をする。

岸和田ブランド きしわだのええもん 自慢の逸品

株式会社マハールのピュアウォーマー商品の写真ピュアウォーマーⓇの商品

1955年創業の株式会社マハールは、業界ではいち早く1984年からオーガニックコットンやシルクなどの自然素材を用い、アーム・レッグ・ネック・ボディウォーマーなどを開発してきました。

自社ブランドのひとつ「ピュアウォーマーⓇ」は素材にこだわり、彩土染めという自然由来の染色技法を用いた先染め糸などを使用。近年は包近の桃の花で染めた商品も開発しています。ゴム糸にもこだわり、繊維の安全性と信頼性が証明されたエコテックス規格100 認証糸を使用しています。

マハールならではの締め付けがない心地よい着用感は、編み機を独自開発し実現しました。優しい素材と着け心地は「やさしくつつむ かろやかにくらす」という同社のキャッチコピーそのもの。冷え性や敏感肌の人はもちろん、男性や妊娠中の女性などにもお勧めです。

「夏はらまき」や「夏ウォーマー」、無染色で鮮やかな黄金色をした「ゴールデンシルク」を使用した商品などもあります。マハールの商品は株式会社マハールのホームページからご覧いただけます。

株式会社マハールのホームページはこちら(外部リンク)

問合せ ピュアウォーマーⓇについて…株式会社マハール(電話:072-427-1784)、岸和田ブランドについて…産業政策課商工振興担当(電話:072-423-9485)


令和2年(2020年)
Danjiri city kishiwada