ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 広報きしわだ > 広報きしわだ 令和3年(2021年)1月号16面

本文

広報きしわだ 令和3年(2021年)1月号16面

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年12月28日掲載

新型コロナウイルス感染拡大防止に改めてご協力をお願いします

感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しましょう

(1)飲酒を伴う懇親会など

  • 飲酒の影響で注意力が低下します。また、聴覚が鈍くなり、大声になりやすいので注意が必要です。
  • 特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まります。
  • また、回し飲みや箸などの共用は感染のリスクが高まります。

(2)大人数や長時間に及ぶ飲食

  • 長時間におよぶ飲食、深夜のはしご酒などでは、通常の食事に比べて、感染リスクが高まります。
  • また、5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まります。

(3)マスクなしでの会話

  • マスクなしで近距離で会話をすることで、飛沫感染での感染リスクが高まります。
  • カラオケやバーベキューでの事例が確認されています。車やバスで移動する際の車中でも注意が必要です。

(4)狭い空間での共同生活

  • 狭い空間での共同生活は、長時間にわたり、閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まります。
  • 寮の部屋やトイレなどの共用施設での事例が確認されています。

(5)居場所の切り替わり

  • 仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まります。
  • 休憩室、喫煙所、更衣室での事例が確認されています。

 全国的に新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が増加している中、今後、季節性インフルエンザとの同時流行も懸念されています。
 5つの場面や3密の回避をはじめ、マスクの着用や手洗いの徹底、換気・保湿など、新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力をお願いします。

感染リスクが高まる「5つの場面」 [PDFファイル/520KB]

新型コロナウイルス感染症関連 支援情報

新型コロナウイルス感染症傷病手当金
支給対象期間延長

 新型コロナウイルス感染症による傷病手当金の支給対象期間が今年3月31日(水曜日)までに延長されました。
対象 国民健康保険、後期高齢者医療制度の被保険者のうち、雇い主から給与の支払いを受けている人で、発熱など新型コロナウイルス感染症の療養のため(疑い含む)勤務予定があるものの4日以上勤務できず、雇い主から給与の全部または一部を受け取ることができない場合
支給対象期間 令和2年1月1日~令和3年3月31日
申請方法 申請書を郵送します。詳しくはお問い合わせください。
問合せ 健康保険課保健給付担当(電話:072-423-9457)・後期高齢者医療担当(電話:072-423-9468)

市税の特例猶予申請はお早めに

 新型コロナウイルス感染症の影響により、事業などに係る収入に相当な減少があった人は、納期限から最大1年間、市税の徴収の猶予を受けることができます。担保の提供は不要です。猶予期間中の延滞金は全額免除されます。2月1日(月曜日)までに納期限が到来する市税が対象で、納期限内に申請する必要があります。申請手続きはお早めにお願いします。詳しくはお問い合わせください。
問合せ 納税課徴収担当(電話:072-423-9423)・整理担当(電話:072-423-9424)・収納促進担当(電話:072-423-9433)

ひとり親世帯臨時特別給付金の申請はお早めに

 ひとり親世帯臨時特別給付金の支給要件に該当している人の申請期限を2月26日(金曜日)まで延長します。期限後や既に給付を受けた人は申請できませんのでご注意ください。
問合せ 子ども家庭課子育て給付担当(電話:072-423-9624)

 

※ 広報紙では「ひとり親世帯臨時特別交付金」と記載しておりますが、正しくは「ひとり親世帯臨時特別給付金」です。訂正し、お詫びいたします。

新春イベント情報

新春「和のコンサート」 -永遠路を歩む パート2-

 新春らしい、晴れやかで艶やかな演奏を聞きませんか。
日時 1月31日(日曜日)午後2時~3時
場所 桜台市民センター(下松町4丁目)
  ※ 駐車場には限りがあります。
講師 福本光寿氏と筝寿会
定員 60人(申込先着順)
申込・問合せ 1月13日(水曜日)から電話で桜台市民センター(電話:072-428-9229)へ

一昨年のコンサートの様子一昨年の新春コンサートの様子

きしわだ男女共同参画フォーラム  「○○○らしさ」にモヤってる!
-男女の生きづらさは背中合わせ-

 ふとした瞬間に「生きづらい世の中だなぁ…」と感じたことはありませんか。それは「男らしさ」や「女らしさ」にとらわれているからかもしれません。価値観は人それぞれ。「○○らしさ」に縛られない生き方について考えてみませんか。
日時 2月7日(日曜日)午後1時半~3時(30分前開場) 
場所 マドカホール(荒木町1丁目)
講師 ジェーン・スー氏(コラムニスト) 

ジェーン・ス―氏 
定員 150人(申込先着順)
保育 2歳~就学前児童10人(申込先着順。1月29日(金曜日)までに要申し込み。傷害保険料100円) 
申込・問合せ 電話または電子メール(講座名、 住所、氏名、ふりがな、電話番号、保育希望者は子の氏名・生年月日・アレルギーの有無を記入)で男女共同参画センター(電話:072-441-2535  電子メール:danjoc@city.kishiwada.osaka.jp)へ
※ 手話通訳・文字通訳があります。(手話通訳は1月29日(金曜日)までに要申し込み。文字通訳は申し込み不要)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


令和元年(2019年)
Danjiri city kishiwada