ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 広報きしわだ > 広報きしわだ 令和2年(2020年)5月号14面

本文

広報きしわだ 令和2年(2020年)5月号14面

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年5月1日掲載

イベント情報(暮らし)

※ 費用は特に記述のない限り、無料です。

※ 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イベントが中止・変更になる場合があります。事前にお問い合わせください。

はたらくワタシの週末処方箋-ストレス社会を駆け抜けろ!(全2回)-

生活の中で避けて通れない「ストレス」とうまく付き合う方法を学びます。

対象/全回参加できる女性

日時など/下表のとおり

日時

内容

講師

6月7日(日曜日)14時~16時

ワタシを労わるストレスケア

井山里美氏

(NPO法人 女性と子どものエンパワメント関西事務局)

6月14日(日曜日)14時~16時

ワタシのためのリラックスタイム

山田希氏(紅茶教室アグレアブル)

場所/男女共同参画センター(加守町4丁目)

費用/500円(材料費)

定員/16人(申込先着順)

保育/2歳~就学前児童6人(傷害保険料100円。5月30日(土曜日)までに要申し込み)

申込・問合せ/電話またはファクス・電子メール(講座名、〒住所、氏名、電話番号、保育希望者は子の氏名・生年月日・性別・アレルギーや障害の有無を記入)で男女共同参画センター(電話:072-441-2535 ファクス:072-441-2536 電子メール:danjoc@city.kishiwada.osaka.jp)へ

イベント情報(自然・環境)

※ 費用は特に記述のない限り、無料です。

※ 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イベントが中止・変更になる場合があります。事前にお問い合わせください。

自然資料館・ミニ実習

対象/3歳以上(小学生以下は保護者同伴で)

日程など/下表のとおり

日程

内容

5月24日(日曜日)

チリメンモンスターをさがそう

5月31日(日曜日)

組みひもをつくろう

時間/午後2時~4時(30分前受け付け開始)

場所/自然資料館(堺町)

費用/高校生以上200円(入場料。同伴者も必要。)

定員/各20人(当日先着順)

問合せ/自然資料館(電話:072-423-8100)

地質の日記念「春のきしわだ恐竜教室子どもの部2020」

最新の恐竜研究のお話や、自分で恐竜を復元したり、恐竜のフィギュアに彩色するワークショップを行います。大人だけの参加も歓迎します。

対象/小学生以上(小学生は保護者同伴で。幼児同伴不可)

日時/5月30日(土曜日)午後1時半~4時

場所/自然資料館

講師/徳川広和氏(恐竜造形作家)、大阪市立大学恐竜愛好会「ジェラシックパー君」

費用/500円 (材料費)

定員/30人(抽選)

保育/1歳半~就学前児童6人

申込・問合せ/5月11日(月曜日)(必着)までに往復はがきまたは電子メール(講座名、参加者全員の〒住所・氏名・年齢か学年・電話番号、保育希望者は子の氏名・年齢〈月齢〉・性別・アレルギーの有無を記入)で自然資料館(〒596-0072堺町6-5 電話:072-423-8100 電子メール:sizen@city.kishiwada.osaka.jp)へ

イベント情報(子育て)

※ 費用は特に記述のない限り、無料です。

※ 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イベントが中止・変更になる場合があります。事前にお問い合わせください。

子ども陶芸教室

お茶碗など食事の際に使える食器を作りましょう。汚れてもよい服装でお越しください。

対象/小学4~6年生

日時/5月31日(日曜日)・6月7日(日曜日)・28日(日曜日)午前10時半~正午(全3回)

場所/新条地区公民館

講師/神戸つぐみ氏(公民館講師)

費用/800円(材料費)

持ち物/エプロン

定員/6人(抽選)

申込・問合せ/5月17日(日曜日)(必着)までに往復はがき(〒住所、氏名、学年、保護者氏名、電話番号を記入)で新条地区公民館(〒596-0004荒木町2丁目22-8 電話:072-441-4123)へ

科学遊び実験教室 科学の力で水をあやつろう!

水を使って色々な実験をしてみましょう。実験の後は「なぜそうなるの?」の疑問を解き明かします。汚れてもよい服装でお越しください。

対象/全3回のうち2回以上参加できる小学生

日時・内容/下表のとおり

日時(全3回)

内容

6月20日(土曜日)14時~15時半

動くスライム作り

7月18日(土曜日)14時~15時半

人工イクラ作りと水をつかむ実験

8月15日(土曜日)14時~15時半

水でふくらむぷよぷよボール

場所/図書館本館(岸城町)

講師/吉田恭子氏(ゆとり)

費用/各回500円(材料費)

定員/15人(申込先着順)

申込・問合せ/5月8日(金曜日)から電話で図書館本館(電話:072-422-2142)へ

Baby Information 

▼子育て世代包括支援担当 電話:072-423-8812 ファクス:072-423-8833

妊娠の届け出

妊婦のマイナンバーと本人確認ができるものを持っ て、保健センター2階にお越しください。助産師や保健師に妊娠・出産の相談をすることができます。

こんにちは赤ちゃん訪問(乳児家庭全戸訪問)

民生委員児童委員協議会の協力で、生後2カ月ご ろの赤ちゃんがいる家庭を訪問します。

ママにっこり相談(予約制)

産前産後や育児の心配事を助産師に相談できます。

 

▼母子すこやか担当 電話:072-423-8811 ファクス:072-423-8833

乳幼児健康診査(4カ月児、1歳6カ月児、2歳6 カ月児〈歯科〉、3歳6カ月児)

日時などは、健診日の2週間前までに通知します。

離乳食講習会(申込先着24人。調理実習費100円)

随時、電話で申し込みを受け付けます。手話通訳また は要約筆記が必要な人は、開催日10日前までに要相談。
対象 3~12カ月児の保護者

日時 5月28日(木曜日)午後1時半~3時

保育 3~12カ月児(先着5人。5月12日(火曜日)午前10時から電話で。手話通訳または要約筆記が必要な人は要相談)

人権の窓263
「べき」を考えてみませんか

 「女性(男性)はこうあるべきだ」「母親(父親)ならこうあるべきだ」「子どもはこうすべきだ」「上司(部下)ならこうあるべきだ」…。
 私たちの社会にある多くの「べき」に気づきます。
 あなたは、自分の考え=「べき」を相手に押しつけていませんか?

少数派の気持ち、考えてみませんか?

 例えば「彼女はいるの?」「結婚はまだ?」という何気ない会話で傷つく人がいます。
 トイレや更衣室、制服など、我々が当たり前のように思う「男女別の環境」に抵抗を感じる人がいます。
 そんな悩みを誰にも相談できず、辛い想いをしている人がいます。
 あなたは、そんな少数派の人たちの気持ちを考えたことはありますか?
 私たちの個性のひとつである「性」を例に、少数派について考えてみましょう。

身近に左利きやAB型の人がいるように…

 「心と身体の性が一致し、異性が好き」という人は多数派ですが、そうではない少数派の人もいます。
 下表のLGBTの人だけでなく、異性も同性も好きにならない人や、自分自身の性を決められない人や分からない人など、様々なタイプの人がいます。
 民間の調査によると、性的少数派の人の割合は、左利きの人やAB型の人と同じ程度の割合と言われています。

「べき」にとらわれない

 自分の周りに「少数派」はいない。そういった思い込みが知らず知らず差別を生み、誰かを傷つけます。
 一人ひとりの「べき」は同じではありません。固定観念にとらわれ、目の前の人を排除するのではなく、互いの違いを尊重し認め合うことが「誰もが自分らしく幸せに生きる社会」への第一歩です。
人権・男女共同参画課

LGBTとは

以下4つの「性的少数派」を表す各単語の頭文字を組み合わせた表現のこと。

Lesbian(レズビアン)

女性の同性愛者

Gay(ゲイ)

男性の同性愛者

Bisexual(バイセクシュアル)

両性愛者

Transgender(トランスジェンダー)

心と身体の性が一致しない人


令和3年(2021年)
平成31年(2019年)
平成30年(2018年)
Danjiri city kishiwada