ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 広報きしわだ > 広報きしわだ 令和2年(2020年)11月号8面

本文

広報きしわだ 令和2年(2020年)11月号8面

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年10月30日掲載

きしわだファミリー・サポート・センター会員募集

 子育てをサポートしてほしい人(依頼会員)に、お手伝いができる人(協力会員)を紹介しています。
あなたも協力会員として地域で子育てを応援しませんか。年齢・性別を問いません。
協力会員に登録するには、会員講習会(下記)の受講が必要です。
依頼会員の登録は随時受け付けています。
※ 1時間700円(基本)の有償ボランティアです。

会員講習会(無料)

 子育てに役立つ内容です。依頼会員も受講できます(1日のみでも参加可)。
日時など 下表のとおり

日時

内容

11月30日(月曜日)

10時~12時40分

(1)子どもの病気と健康管理

(2)保育の心・子育て支援

12月1日(火曜日)

10時~12時40分

(3)子どもの安全と事故防止

(4)子どもとの暮らしとケア

12月2日(水曜日)

9時30分~12時30分

(5)救急救命(修了証交付)

場所 市職員会館(岸城町)
保育 3カ月~就学前児童3人(申込先着順)
申込・問合せ 11月20日(金曜日)までに電話できしわだファミリー・サポート・センター(電話:072-437-7933)へ

廃棄物減量等推進審議会市民委員を募集

 ごみの減量化や適正な処理について、調査・審議する委員を募集します。会議は年に数回、平日昼間に開催します。
応募用紙は市ホームページからダウンロードできます。
対象 18歳以上の市内在住・在勤・在学者(他の審議会などの委員は除く)
任期 2年
募集 3人(書類選考)
報酬 1会議につき9,000円
申込・問合せ 11月20日(金曜日)(必着)までに郵送またはファクス・電子メール(「ごみ問題・ごみ減量化」について800字程度のレポート、〒住所、氏名、ふりがな、年齢、性別、電話番号、市外在住者は勤務先または就学先の名称・所在地・電話番号、応募理由、環境に関する活動経験があれば記入)で廃棄物対策課(〒596-0825土生町2丁目4-30 電話:072-423-9439 ファクス:072-436-0418 電子メール:haikibutsu@city.kishiwada.osaka.jp)へ

11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間
DVかもしれないと思ったら相談を

岸和田城をライトアップ

 女性への暴力根絶のシンボルであるパープルリボンにちなみ、岸和田城をパープルにライトアップします。女性へのあらゆる暴力の根絶を広く呼びかけるとともに、被害者に対して「ひとりで悩まず相談してください」というメッセージを込めています。
ライトアップ期間 11月12日(木曜日)~25日(水曜日)日没~午後10時

STOP!  DV・デートDV! ―女性への暴力防止・啓発パネル展―

 DV・デートDVについての知識を深め、暴力のない社会を目指しましょう。
日時など 下表のとおり

女性への暴力防止・啓発パネル展

パネル展

日時

場所

STOP! DV! デートDV!女性への暴力防止パネル展

11月13日(金曜日)~27日(金曜日)

9時~17時30分

市役所新館1階(岸城町)

女性に対する暴力を
なくそうパネル展

11月12日(木曜日)~25日(水曜日)

9時~17時30分

男女共同参画センター
(加守町4丁目)

ひとりで悩まず相談を

 DV(配偶者からの暴力)やデートDV(恋人からの暴力)は、加害者に罪の意識が薄く被害者自身も気付かない傾向があるため、暴力がエスカレートし、被害が大きくなってしまいがちです。また、暴力が子どもに及んだり、被害者が子どもに暴力を振るってしまうこともあります。子どもがDVを目にする環境は心理的な児童虐待にもあたります。
あなたが悪いから暴力を振るわれるのではありません。何かおかしい、相手が怖いと感じたら、ひとりで悩みを抱え込まずに、下記へ相談してください。
問合せ 人権・男女共同参画課男女共同参画担当(電話:072-423-9438)

岸和田市DV専用相談電話 電話:072-423-6060

 土・日曜日、祝・休日、年末年始を除く午前9時~午後5時

内閣府DV相談+ フリーダイヤル:0120-279-889(24時間受付)

 詳しくは内閣府ホームページをご覧ください

女性の人権ホットライン 電話:0570-070-810

 DV、職場などにおけるセクハラ、ストーカー行為など、女性をめぐる様々な人権問題の相談に応じます。インターネットは通年受け付けています(人権相談窓口URL http://www.jinken.go.jp/)。
日時 11月12日(木曜日)~18日(水曜日)午前8時半~午後7時(14日(土曜日)・15日(日曜日)は午前10時~午後5時)
問合せ 大阪法務局人権擁護部(電話:06-6942-9496)

進学を希望する人に入学準備金や奨学金を貸与

一般財団法人岸和田市奨学会では、高等学校、高等専門学校、専修学校、短期大学、大学への進学希望者に入学準備金や奨学金を貸与しています(高校、高専、専修学校の高等課程は在学者も可〈奨学金のみ〉)。貸与の決定には書類審査があります。対象となる所得基準など、詳しくはお問い合わせください。
対象 保護者の令和2年度市民税の所得割額が基準以下
貸与額など 下表のとおり

区分

貸与額

募集人数

高校など

入学準備金…

国公立10万円以内

私立15万円以内

 

奨学金(年間)…

国公立6万円以内

私立12万円以内

10人程度

大学など

入学準備金…

20万円以内

2人程度


貸与時期 入学準備金は2月中旬~3月末、奨学金は4・8・12月予定
申込期間 12月1日(火曜日)~15日(火曜日)
問合せ 通学する市立中学校、教育委員会総務課学事担当(電話:072-423-9607)

家族介護慰労金を支給

 下表の要件を全て満たす場合、家族介護者に年額10万円の家族介護慰労金を支給します。
必要なもの 家族介護者と同一世帯員全員の印鑑、要介護高齢者と同一世帯員全員の印鑑、要介護高齢者の医療保険証、家族介護者と要介護高齢者が別世帯の場合は全部事項証明書(戸籍謄本)など親族関係が確認できるもの
申込・問合せ 来年2月26日(金曜日)までに直接、介護保険課給付担当(電話:072-423-9475)へ

支給要件

要介護高齢者が

(1)65歳以上(本市の第1号被保険者)

(2)1年以上要介護4か5と認定されている

(3)(2)の認定期間が平成31年1月~令和2年12月にあり、介護保険サービスを続けて12カ月以上(医療保険で長期入院した場合は、その期間を除いた前後で12カ月以上)利用していない

※ 過去に支給対象となった期間を除く。

家族介護者が

(1)要介護高齢者と同居(同一敷地内や隣地に居住も含む)している

(2)在宅で介護している

要介護高齢者・家族介護者ともに

(1)1年以上継続して市内に居住している

(2)市民税非課税世帯

(3)生活保護を受給していない

(4)介護保険料を滞納していない

特殊詐欺対策機器(自動通話録音機)を無料で貸し出します

自動通話録音機の写真自動通話録音機

 市では振り込め詐欺・還付金等詐欺などの特殊詐欺被害を防止するため、固定電話に取り付ける自動通話録音機を無料で貸し出します(1世帯に1台)。
対象 貸し出しを希望する65歳以上の市内在住者
貸与台数 100台(抽選)
機能 着信時に通話を録音する旨の警告メッセージを流し、自動で通話を録音します。
申込・問合せ 11月2日(月曜日)~30日(月曜日)までに自治振興課に備え付けの申請書(市ホームページからダウンロード可)に必要事項を記入し、直接または郵送で自治振興課(〒596-8510 電話:072-423-9436)へ
※ 設置は各自で行ってください。


令和元年(2019年)
Danjiri city kishiwada