ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 広報きしわだ > 広報きしわだ 令和2年(2020年)6月号13面

本文

広報きしわだ 令和2年(2020年)6月号13面

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年6月1日掲載

新型コロナウイルスの影響を受けている事業者の皆さんへ
事業者向け支援策

新型コロナウイルス感染症により経営に影響を受けている事業者向けに支援策があります。最新の情報は市ホームページや問い合わせ先にご確認ください。

持続化給付金

感染症拡大により、大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を支給します。
対象 事業収入(売上)を得ている法人または個人
給付額 最大で法人2,000,000円、個人事業主1,000,000円
問合せ 持続化給付金事業コールセンター(フリーダイヤル:0120-115-570)

危機関連保証(保証付き融資)

感染症拡大により、売上高が減少している中小企業者を支援するための融資制度です。融資希望の中小企業者は、産業政策課で認定申請を行った後、金融機関で信用保証付きの融資の申し込みができます(審査あり)。
対象 次の1~3の全てに該当する中小企業者

  1. 岸和田市内に事業所を有する
  2. 申請時点で1年以上継続して事業を行っている
  3. 新型コロナウイルス感染症に起因して、原則として最近1カ月の売上高等が前年同月に比して15%以上減少しており、かつ、その2カ月後を含む3カ月間の売上高等が前年同期に比して15%以上減少することが見込まれる

※ 前年実績のない創業者や、前年以降店舗や業容拡大をした中小企業者も対象となる場合がありますので、お問い合わせください。
※ 売上高が5%以上の減少で対象となる制度も別途あります。詳しくはお問い合わせください。
融資限度額 280,000,000円(うち、無担保80,000,000円)
問合せ 産業政策課(電話:072-423-9485)

Kishi-Biz 特別相談窓口を開設

感染症拡大により、売り上げ・集客の減少など、経営に影響が出ている事業者専用の「特別相談窓口」を開設しました。公的補助や融資などの資金繰りについて、地域金融機関と連携し、ご相談をお受けします。さらに、今後も利用拡大が予想されるオンラインサービス(Zoom、Skype)の使用方法のレクチャーも行っています。
また、今後必要とされる、新たな消費ニーズをとらえた、商品・サービス開発などのご相談も受け付けています。
問合せ Kishi-Biz(電話:072-447-5855)

新型コロナウイルス相談窓口

相談先

新型コロナ受診相談センター(土・日、祝日を含む24時間)

電話:06-7166-9911、ファクス:06-6944-7579
センターでご相談の結果、新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介します。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

外国人向け相談窓口「大阪府国際交流財団(OFIX)」

月・金曜日(祝日を除く)は午前9時~午後8時、火・水・木曜日(祝日を除く)は午前9時~午後5時半、第2・4日曜日は午後1時~5時
電話:06-6941-2297、ファクス:06-6966-2401
※ 感染が疑われる場合は、上記の新型コロナ受診相談センターへの相談が必要となります。

相談の目安

<すぐに相談>

  1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
  2. 重症化しやすい人で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合。高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(慢性気管支炎や肺気腫など)の基礎疾患がある人、透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている人は重症化しやすいと言われています。
  3. 妊娠中で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合(念のため、早めにご相談ください)

 <症状が4日以上続くときは必ず相談>
上記1~3以外の人で、発熱や咳など比較的軽い風邪症状が4日以上続く場合
※ 強い症状がある人や解熱剤を飲み続けている人はすぐにご相談ください。

市長メッセージ

市民の皆様には、外出自粛などにご協力いただきありがとうございます。ご協力のおかげで、新型コロナウイルス感染症も爆発的な拡大には至っておりません。これからも気を緩めることなく、新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力をお願いいたします。
今号では、新型コロナウイルス感染症関連の個人や事業者への給付金などについて、ご案内させていただきました。皆様にはこちらをご確認いただき、ご利用できるものについては、お手続きをお願いいたします。
ご自宅で過ごす時間が増えていますが、身体的にも精神的にも健康で過ごせるように、ご自身・ご家族で工夫していただき、ご自宅の中でできることや、また少し外に出て散歩をされるのも良いかと思います。3密を避けていただき、人との距離をしっかりと配慮していただきながら、乗り切っていきましょう。
これまでの皆様のご協力に感謝しております。これからもご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
岸和田市長 永野 耕平

 


平成31年(2019年)
平成30年(2018年)
平成29年(2017年)
Danjiri city kishiwada