ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > 広報きしわだ > 広報きしわだ 令和2年(2020年)5月号11面

本文

広報きしわだ 令和2年(2020年)5月号11面

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年5月1日掲載

難局を乗り越えるため みなさんのご理解とご協力を

新型コロナウイルス感染拡大を受け、4月7日、政府から大阪府を対象地域に含む「緊急事態宣言」が出されたことに伴い、府から5月6日までの間、生活の維持のために必要な場合を除く不要不急の外出やイベントの開催などを自粛するよう要請がなされました。
市立学校園の臨時休業や各種事業の中止・延期、地域活動の自粛など、市民の皆様にはご不便をおかけしておりますが、この難局を乗り越えるためには、皆様のご理解とご協力が不可欠です。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぎ、ご家族や身近な大切な方の命・健康を守るため、引き続きご協力をお願いいたします。
本市といたしましても、関係機関との連携を一段と強化すると共に、必要な情報をいち早くお届けできるよう情報提供に鋭意努めてまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

岸和田市長 永野 耕平

感染したかも?と思ったら

こんな症状があれば相談を

次の症状がある場合、新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)に電話で相談してください。

  • 風邪の症状や37.5℃前後の発熱が4日程度(高齢者・妊婦・基礎疾患がある人は2日程度)続いている。
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

相談先

相談の結果、感染の疑いがある場合には、勧められた医療機関で受診してください。複数の医療機関を受診することは控えてください。
また、受診の際は、マスクを着用し、手洗いや右ページの咳エチケットを徹底しましょう。

新型コロナ受診相談センター(土・日曜日、祝日を含む24時間)
電話:06-7166-9911  ファクス:06-6944-7579

外国人向け電話相談窓口「大阪府国際交流財団(Ofix)」(月・金曜日は午前9時~午後8時、火・水・木曜日は午前9時~午後5時半、第2・4日曜日は午後1時~午後5時)… 電話:06-6941-2297

※ 感染が疑われる場合は、上記の新型コロナ受診相談センターへの相談が必要になります。

対応言語 英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、フィリピン語、タイ語、インドネシア語、ネパール語、日本語

家族が感染? その時、気を付ける8つのポイント

(1)部屋を分ける

食事や寝るときも別室に。部屋を分けるのが難しい時は、2m以上の距離を保つ、仕切りやカーテンなどを設置する、寝るときは頭の位置を互い違いにする。トイレやお風呂など共有スペースの使用は最小限に。

(2)感染者のお世話は限られた人で行う

心臓、肺、腎臓に持病がある、糖尿病を患っている、免疫力が低下している、妊娠中などの人が感染者のお世話をするのは避ける。

(3)マスクを着用する

マスクを外す時は、ゴムやひもの部分をつまんで外し、使用後のマスクは他の部屋に持ち出さない。また、外した後は必ず石鹸で手を洗う。

(4)こまめな手洗いを

こまめに手を洗う。洗っていない手で目、鼻、口を触らない。

(5)定期的に換気する

共有スペースやほかの部屋も窓を開放して換気する。

(6)よく手で触れる所を消毒する

物に付着したウイルスはしばらく生きています。ドアの取っ手やベッドの柵、リモコンなどは、主成分が次亜塩素酸ナトリウムの家庭用塩素系漂白剤(濃度0.05%を目安に薄める)で拭いた後、水拭きする。トイレや洗面所は通常の家庭用洗剤ですすぐ。
タオルはトイレ、洗面所、キッチンなどで家族で共有しない。

(7)汚れた衣服やシーツなどを洗濯する

一般的な家庭用洗剤で洗濯し、完全に乾かす。扱う際は手袋とマスクを着用する。

(8)ゴミは密閉して捨てる

使用後のティッシュなどはすぐにビニール袋に入れ、密閉して捨てる。その後はすぐに石鹸で手を洗う。


令和3年(2021年)
平成31年(2019年)
平成30年(2018年)
Danjiri city kishiwada