ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報きしわだ > 広報きしわだ 令和元年(2019年)10月号9面

広報きしわだ 令和元年(2019年)10月号9面

印刷用ページを表示する 2019年10月1日掲載

和大との共同企画やブックフェスタなど 秋の図書館はイベントがいっぱい!

場所・問合せ/図書館本館(岸城町 電話:072-422-2142)

 和大×図書館 岸和田の空を知ろう-星座早見盤を作ろう-

星座の楽しい話を聞いたり、星座早見盤づくりで星座名人になろう!
対象/小学4年生以上
日時/10月12日(土曜日)午前10時10分~正午
講師/森哲裕氏(貝塚市立善兵衛ランド館長)
費用/50円(材料費)
申込/電話で図書館本館へ
定員/20人(申込先着順)

講座の写真

和大×図書館 繊維の魅力にせまる-綿花を収穫してみよう-

図書館で栽培した「棉」の収穫や糸つむぎ体験を通して、繊維の魅力を身近に感じてみましょう。申し込み不要です。
日時/10月27日(日曜日)午後1時半~4時
定員/30人(当日先着順)

糸をつむぐ器具の写真

スターウォーズについて語ろう!

スターウォーズについて一緒に語りませんか。スターウォーズに関する本を持参してください。申し込み不要です。
日時/11月3日(祝日)午前10時半~正午

ライブラリーでライブあり?図書館で音楽と本を楽しむ

好きな音楽や本について、みんなでわいわい話しましょう。申し込み不要です。
日時/11月3日(祝日)午後2時~4時

講座の写真

文化の日祝典記念事業  不思議大好き!  イリュージョンマジック

関西屈指のマジシャン集団「ヒロトプロジェクト」による、イリュージョンマジックをお楽しみください。
日時/11月3日(祝日)午前11時45分開演
場所/マドカホール
定員/300人(申込先着順)
申込/10月2日(水曜日)午前9時から、マドカホール・自泉会館(岸城町)で整理券を配付(1人2枚まで。午前9時から午後5時、月曜日休館)します。または往復はがきに住所、氏名、電話番号、人数(2人まで)を記入し、マドカホール(〒596-0004荒木町1丁目17-1「文化の日祝典」係)へ
問合せ/マドカホール(電話:072-443-3800)

マジシャンの写真 HIROTO氏

 こころに残るまち景観 まちかど審査に参加しませんか?

みなさんにご応募いただいた「こころに残るまち景観」の写真とエピソードを巡回展示し、まちかど審査を実施します。ぜひ投票にお立ち寄り下さい。
※ こころに残る景観資源発掘プロジェクトについての詳細はホームページをご覧ください。
日程・会場/下表のとおり
時間/午前10時~午後4時
問合せ/都市計画課景観担当(電話:072-423-9538)

日程

会場

10月10日(木曜日)・11日(金曜日)

ラパーク岸和田(春木若松町)

10月15日(火曜日)・16日(水曜日)

桜台市民センター(下松町4丁目)

10月17日(木曜日)・18日(金曜日)

八木市民センター(池尻町)

10月21日(月曜日)

市役所新館(岸城町)

10月23日(水曜日)・24日(木曜日)

山直市民センター(三田町)

10月25日(金曜日)・26日(土曜日)

図書館本館(岸城町)

10月28日(月曜日)・29日(火曜日)

福祉総合センター(野田町1丁目)

10月30日(水曜日)・31日(木曜日)

東岸和田市民センター(土生町4丁目リハーブ4階)

まちかど審査の写真まちかど審査の写真

 だんじり会館のイベント

問合せ/岸和田市観光振興協会(本町 電話:072-436-0914)

「だんじりカット・編み込みスタイル」展示写真を募集

参加賞として、ラミネート加工を施した応募写真(A4サイズ)を応募者全員にプレゼントします。詳しくは「岸ぶら」ホームページをご覧ください。
写真 ▼市内のだんじり曳行時のヘアスタイルで法被もしくは町名・町紋入りのシャツなどを着用のもの ▼1人1点、個人応募(企業・団体不可) ▼10MB以内JPEG形式のデジタルデータ
応募 10月31日(木曜日)までに「岸ぶら」ホームページの申込フォームまたは電子メール(〒住所、氏名、フリガナ、電話番号、年齢を記入)で、岸和田市観光振興協会(電子メール:amikomi@kishibura.jp)へ

昨年の参加者の写真昨年の参加者の写真

 岸和田だんじり祭ハイライト~あの感動をもう一度~

令和最初のだんじり祭のプレミム映像を、大型スクリーンと大音量で体感してください。
日程/11月の土・日曜日、祝日
時間/午前10時半、午後1時半、午後3時(各約10分間)
費用/高校生以上600円、小・中学生300円(入館料)

 岸和田ブランド きしわだのええもん 自慢の逸品

岸和田ブランドロゴマーク登録銘菓八陣の庭の写真

八陣の庭とは、昭和28年に作庭家・重森三玲氏により作られた岸和田城の庭園のことで大小様々な石を用いた表現が特徴です。平成26年には国の名勝指定を受けています。
昭和36年に創業した銘菓本陣  朝日堂は、この八陣の庭を和菓子で表現することを思い付き、小豆と栗を庭園の石や白砂に見立てた独創的な焼き菓子を完成させ、昭和38年に商標登録を取得しました。
店のこだわりは菓子の大きさ、そして全て手作りであることです。ずっしりとした大きさにこだわりつつ、小豆がつぶれないよう一つひとつ丁寧に手で包み込み生まれた菓子を雲龍和紙で包装しています。店主の真心が感じられる逸品です。
「若者を含め、幅広い年代の方に八陣の庭を食してほしい。」と銘菓本陣  朝日堂の二代目は語ります。
ぜひ、岸和田が誇る名勝を表現した「登録銘菓 八陣の庭」をご賞味ください。