ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報きしわだ > 広報きしわだ 平成29年(2017年)11月号8面

広報きしわだ 平成29年(2017年)11月号8面

印刷用ページを表示する 2017年11月1日掲載

12月4日(月曜日)~10日(日曜日)は人権週間

 11月28日(火曜日)、29日(水曜日)の市内4カ所での街頭啓発のほか、マドカホール(荒木町1丁目)で左記の人権を考えるイベントを実施します。

▼人権を守る作品展

日時 12月1日(金曜日)~3日(日曜日)午前10時~午後5時

▼特設人権相談

人権擁護委員が相談に応じます。申し込み不要です。
日時 12月2日(土曜日)午前10時~正午

▼人権を考える市民の集い
「新ちゃんのお笑い人権高座」

露の新治さんの写真

手話通訳・文字通訳があります。
日時 12月2日(土曜日)午後2時~4時 
講師 露の新治氏(落語家)
定員 500人(申込先着順) 
保育 0歳~就学前児童30人(申込先着順。11月17日(金曜日)までに要申し込み。傷害保険料100円)
申込・問合せ 11月8日(水曜日)から電話またはファクス・電子メール(住所、氏名、電話番号、保育希望者は子の氏名・生年月日を記入)で人権・男女共同参画課人権推進担当(電話:072-423-9562 ファクス:072-423-4644 電子メール:jinkens@city.kishiwada.osaka.jp)へ

もしかして児童虐待?と感じたら
ためらわずに連絡を

 身近で「心配だな」「しつけ? 虐待かも?」と感じた時は、ためらわずに下記へ連絡してください。
あなたの行動が子どもを守り、家庭を救うことにつながります。
連絡した人の秘密は守られます。虐待でなかったとしても、責任を問われることはありません。
問合せ 子育て給付課家庭児童相談担当(電話:072-423-9625)

  • 岸和田児童虐待ホットライン(電話:072-423-9477)…月~金曜日午前9時~午後5時半
  • 児童相談所全国共通ダイヤル(電話:189)…365日24時間
  • 岸和田子ども家庭センター虐待通告専用電話(電話:072-441-0125)…月~金曜日午前9時~午後5時45分
  • 府夜間休日虐待通告専用電話(電話:072-295-8737)…月~金曜日午後5時45分~翌午前9時、土・日曜日、祝日は24時間

11月12日(日曜日)~25日(土曜日)は「女性に対する暴力をなくす運動」期間
DVかもしれないと思ったら相談を

問合せ 人権・男女共同参画課男女共同参画担当(電話:072-423-9438 ファクス:072-423-4644)

 DV(配偶者などからの暴力)は夫婦げんかではなく、犯罪行為を含む重大な人権侵害です。しかし、外部からは発見が難しく、加害者に罪の意識が薄く被害者自身も気付かない傾向があるため、暴力がエスカレートし、被害が大きくなってしまいがちです。
 また、暴力が子どもに及んだり、被害者が子どもに暴力を振るってしまったりすることもあります。子どもには、DVを目にする環境が心理的な児童虐待にも当たります。

1人で悩まず相談を

 DVを受けているのは、あなたが悪いからではありません。何かおかしい、相手が怖いと感じたら、1人で悩みを抱え込まずに、下記へ相談してください。
 相談は無料で、秘密は厳守します。

岸和田市DV専用相談電話 電話:072-423-6060

 土・日曜日、休日、年末年始を除く午前9時~午後5時

女性の人権ホットライン 電話:0570-070-810

インターネット人権相談窓口URL http://www.jinken.go.jp/

 夫やパートナーからの暴力、職場などにおけるセクシュアルハラスメント、ストーカー行為など、女性をめぐる様々な人権問題の相談に応じます。
日時 11月13日(月曜日)~17日(金曜日)午前8時半~午後7時、18日(土曜日)・19日(日曜日)午前10時~午後5時
問合せ 大阪法務局人権擁護部(電話:06-6942-9496)

STOP! DV!
~女性への暴力防止・啓発パネル展~

 「なぜDVが起こるのか」「これもDV?」など、DVについての知識を深めて、暴力のない社会づくりを目指しましょう。
日時 11月2日(木曜日)~30日(木曜日)午前9時~午後5時(水曜日・祝日休館)
場所 女性センター(加守町4丁目)

ヘルプカードを配布します

 ヘルプカードとは、障害のある人などが普段から身につけておき、緊急時や災害時、また外出時などで困った時に周囲に提示することで、支援を受けることができるようにするものです。
このカードを持っている人が困っていたら、まずは「どうしましたか」と声をかけ、ヘルプカードに書かれた内容に応じた支援や配慮をお願いします。
配布対象者 本市に住民登録があり、次の(1)~(4)のいずれかに該当する人 (1)障害者手帳を持つ人 (2)難病患者 (3)発達障害者 (4)援助や配慮を必要としている人
配布時期・場所 11月1日(水曜日)から障害者支援課で無料配布(市ホームページからもダウンロード可)
問合せ 障害者支援課障害福祉担当(電話:072-423-9446 ファクス:072-431-0580)

支援や配慮内容が書かれたヘルプカード

家族介護慰労金を支給

 下表の要件を全て満たす場合、家族介護者に年額10万円の家族介護慰労金を支給します。
必要なもの 家族介護者と同一世帯の人全員の印鑑、要介護高齢者と同一世帯の人全員の印鑑、要介護高齢者の医療保険証、家族介護者と要介護高齢者が別世帯の場合は全部事項証明書(戸籍謄本)など親族関係が確認できるもの
申込・問合せ 来年2月28日(水曜日)までに直接、介護保険課(電話:072-423-9475)へ

要件

要介護高齢者が

(1)65歳以上(本市の第1号被保険者)

(2)1年以上要介護4か5と認定されている

(3)(2)の認定期間が平成28年1月~29年12月にあり、介護保険サービスを続けて12カ月以上(医療保険で長期入院した場合は、その期間を除いた前後で12カ月以上)利用していない

※ 過去に支給対象となった期間を除く。

家族介護者が

(1)要介護高齢者と同居(同一敷地内や隣地に居住も含む)している

(2)在宅で介護している

要介護高齢者・家族介護者ともに

(1)1年以上継続して市内に居住している

(2)市民税非課税世帯

(3)生活保護を受給していない

(4)介護保険料を滞納していない

第65回中学生人権作文コンテスト表彰式

 府内の中学生による合奏や合唱もあります。申し込み不要です。
日時 12月10日(日曜日)午後1時半
場所 大阪市中央区民センター
問合せ 大阪法務局人権擁護部第三課(電話:06-6942-9492)