ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 岸和田の未来を担う次世代に市政参加を 「中学生議会」を開催

本文

岸和田の未来を担う次世代に市政参加を 「中学生議会」を開催

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2012年8月24日掲載

中学生議会の写真です

 8月22日(水曜日)、岸和田の未来を担う次世代である中学生に、まちづくりや未来の生活に対して考えてもらい、市政に興味を持ってもらうことを目的として、「中学生議会」が開催されました。

 当日は、市立中学校全11校から生徒代表32人が中学生議員として参加し、議会形式で行政への提言や質問などを行いました。

中学生議会の写真です

 中学生議員の皆さんは、この日のために夏休みに何度も集まって打ち合わせを重ね、本市の第4次総合計画「岸和田市まちづくりビジョン」から、中学生自身にとって最も身近な「教育」に関する問題や、「環境」、「防災」などのテーマを選び、幅広い観点から提言や質問を考えてきました。

 普段は足を踏み入れることのない議場の質問者席に立った中学生たちは、さすがに少し緊張した面持ちでしたが、臆することなく堂々と、質問や提言を行いました。

中学生議会の写真です

 それらを受けた市の部長たちも、質問や提言に対し、それぞれの観点から丁寧に回答しました。

 最後に、中学生議員を代表し、大黒寿人さん(おおぐろひさと 北中学校2年生)、中岡凛さん(なかおかりん 春木中学校3年生)、乙馬千紗さん(おつまちさ 光陽中学校3年生)が中学生議会の決議として「岸和田市中学生議会アピール」を読み上げました。

中学生議会の写真です

中学生議会の写真です

★岸和田市中学生議会アピール(要旨)

「私たちは、様々なことを調べる中で、たくさんの不安を抱えていることがわかりました。たとえば、私たちが生活している地域や、学校に対する不安です。私たちは将来に向けて、これらの不安をなくし、安心な生活を送っていけるようにしたいです。また、安心がある生活で満足せずに、1人ひとりがもっとよりよい岸和田市をつくるために前進することが大切だと思います。10年後、岸和田市がもっとよい町になるように、私たち中学生も小さな努力をすることで、まちづくりに貢献したいです」

中学生議会の写真です

 このアピールを中学生議会の決議とすることを全員一致で可決し、中学生議会は幕を閉じました。

 自ら立候補して中学生議会の議長を務めた綱さくらさん(つなさくら 野村中学校3年生)は、終了後「緊張したけれど、楽しかった」と笑顔で話しました。

中学生議会の写真です


Danjiri city kishiwada