ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 久米田池で大とんど祭りを開催

本文

久米田池で大とんど祭りを開催

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年1月17日掲載

 岡山町の大とんど祭りが、1月16日(日曜日)午後4時から久米田池で行われました。かつては大西・山出・東出の各小路ごとに行われていたとんど祭りでしたが、昭和58年からは、ひとつにまとまり大とんど祭りとして開催され、今回で29回目となります。

とんど祭りの様子

 「とんど焼き」はお正月、十日戎にお迎えした年神様、戎様をお送りする日本の伝統的な行事です。地元の協力で青竹を2~3百本切り出し、やぐらに組むなど2日がかりで準備しました。しめ縄などの正月飾りや10日戎の笹飾りなどを持ち寄り、一緒に焼きます。
 青竹を使うのは、子どもたちが竹のようにすくすくとまっすぐに成長して欲しいとの願いからで、年神様への無病息災、五穀豊穣などの願い、感謝も込められています。以前は成人の日に行っていましたが、現在は松の明ける15日頃の日曜日に行っています。

とんど祭りの様子

 多くの人が見守るなか、水の無い久米田池に竹の爆ぜる音が響いていました。


Danjiri city kishiwada