ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 新酒の一番搾りが完成しました

本文

新酒の一番搾りが完成しました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2009年11月27日掲載

 稲葉町の造り酒屋、井坂酒造場(1818年創業)で新酒の一番搾りが完成しました。

新酒の一番搾り

 最後の味の調整である4段掛けは24日に行われ、25日は搾り機(通称:「槽(ふね)」)に通す最後の工程が行われました。搾り機を通ったものが清酒「三輪福(みわふく)」に、搾り機を通さないそのままのものは「三輪福にごり酒」として11月26日から井坂酒造の店頭に並んでいます。
 「4段掛け」は「添(そえ)」、「仲(なか)」、「留(とめ)」と呼ばれる工程の3段仕込みを経て20日間程度発酵された後に行われる最終工程で、蔵で作った甘酒を最後に投入することで甘さを調整し、酒蔵独自の味を最終的に決めるものです。フルーティで芳醇な味が特徴の「三輪福」は比較的多めに「掛け」を施しています。
 蔵主の井坂佳嗣さん(62歳)によると、今年もコクがあり、香りもよく、のどごしが良いお酒ができたとのことです。

一番搾りを試飲する見学者

 この日は俳句サークルが見学に訪れており、井坂さんから酒造りの方法などを教わりました。新酒は特有の香りとピリっとした刺激があり、一番搾りを試飲した見学者らは「のどにすっと入って飲みやすい。ワインのような感じがする」などと話しました。
 酒造りは11月から3月の終わりまで5カ月間休みなしで続けられます。また、見学は年中可能です(要予約)。

井坂酒造場

岸和田市稲葉町117
電話:072-479-0074


Danjiri city kishiwada