ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 完熟イチジクの収穫が最盛期

本文

完熟イチジクの収穫が最盛期

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2009年8月26日掲載

イチジク収穫の様子

 市内ではイチジクの収穫が最盛期を迎え、甘い香りを漂わせています。
 栽培されている品種は「枡井(ますい)ドーフィン」。
 午前中に収穫し、箱詰めされたイチジクは、午後にJAいずみの営農総合センター(山直中町1000-1)に集められ、品質検査を受けて出荷されます。
 JAいずみの営農総合センターによると、「今年は8月に入って雨が少なかったので甘みが強く、良い出来になっている」とのことです。岸和田で取れたイチジクは、消費地に近いため完熟の状態で出荷でき、消費者の評判も良いようです。

イチジク収穫の様子

 組合員20戸からなる、いずみの農業協同組合無花果生産出荷組合(角野久義組合長)では、シーズン中に組合全体で3haの畑から16万パックものイチジクを出荷するとのことで、8月3日に始まった収穫は、10月いっぱいまで続きます。


Danjiri city kishiwada