ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > JR阪和線東岸和田駅付近高架化事業の安全祈願祭と起工式が開催されました

本文

JR阪和線東岸和田駅付近高架化事業の安全祈願祭と起工式が開催されました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2009年8月21日掲載

 8月20日(木曜日)、JR阪和線東岸和田駅西側高架化工事事業地内で、JR阪和線東岸和田駅付近高架化事業の安全祈願祭と起工式が行われました。

 午前10時からの安全祈願祭(主催者:JR西日本、施工会社)では、約40人が参加する中、土生神社の宮司を祭主に、鍬入れや玉串奉てんなどが厳かな雰囲気で行われました。

 続けて開催された起工式(主催者:大阪府、岸和田市)には、主催者のほかに、阪和線東岸和田駅立体交差事業建設期成同盟会、大阪府議会、岸和田市議会、岸和田商工会議所、岸和田市町会連合会、JR西日本などから約80人が参加しました。

鍬入れ式の写真

 起工式で野口聖市長は、「長年の懸案事項であった東岸和田駅周辺の交通渋滞解消を図る事業がようやく始まります。一日でも早い完成に向け、事業の推進を図りますので、今後ともご協力お願いします。」と話しました。

野口市長の写真

 JR阪和線東岸和田駅周辺は、鉄道による地域分断や踏切による慢性的な交通渋滞により、様々な問題が発生し、早急な改善が望まれています。このため、本事業により、JR阪和線を高架化し、東西方向幹線道路の「府道岸和田港塔原線」と「市道並松上松線」を立体交差することで、交通渋滞の解消と輸送サービスの向上を図り、元気あふれるまちづくりを目指します。


Danjiri city kishiwada