ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > きしわだの話題 > 市職員が不法投棄及び防犯「夜間パトロール」を実施

市職員が不法投棄及び防犯「夜間パトロール」を実施

印刷用ページを表示する 2009年6月16日掲載

 岸和田市では、6月12日(金曜日)から市職員管理職による不法投棄及び防犯「夜間巡視パトロール」を始めました。近年多発している不法投棄の防止と防犯を目的に、平成17年から実施しており、今回で5回目になります。

 夜間巡視パトロールに先立ち野口市長は、「不法投棄は単に自然環境の破壊だけでなく、農作物への影響、また地域住民や本市を訪れる人々に大きなマイナスイメージを与えています。本市から不法投棄をなくし、犯罪を抑止するためにも、頑張ってください。」と話し、この日は、市職員23人が6台の公用車に青色パトライトを付け、市内一円で巡視パトロールを行いました。

 夜間巡視パトロールは夏の間、続けられます。

夜間巡視パトロールに出発する写真