ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > バイオディーゼル燃料製造装置のクリスマスプレゼント

本文

バイオディーゼル燃料製造装置のクリスマスプレゼント

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2008年12月25日掲載

 平成20年12月24日(水曜日)、市環境事務所(土生町2丁目)で「バイオディーゼル燃料製造装置」の贈呈式が行われました。これは、岸和田ロータリークラブの創立55周年記念として寄贈されたもので、この装置によって、100 リットルの使用済み天ぷら油から約90 リットルのバイオディーゼル燃料(ディーゼルエンジンの車などに使用可能な燃料)を生成することができます。

贈呈式の写真

 岸和田ロータリークラブの福岡敏文会長は「循環型社会に向けての地域貢献になればと考えています。今日12月24日に岸和田市へクリスマスプレゼントを贈れたことを喜ばしく感じています。」と挨拶しました。野口市長は感謝の言葉の後に、「環境問題は喫緊の課題と感じており、今後はさらに循環型社会の構築に取り組んでいきたい。」と述べました。

 式典の最後に、府立佐野工科高校自動車部の生徒がこの装置で生成したバイオディーゼル燃料を発電機に注ぎ込むと、クリスマス用の電飾が点灯し、出席者からは拍手が沸き起こりました。

燃料を発電機に注ぎ込む生徒の写真

 来年度からの2年間で、廃食用油燃料化実験事業として市と府立佐野工科高校が共同で実証実験を行います。また、バイオディーゼル燃料実用化の課題などについても検討していく予定です。

Danjiri city kishiwada