ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 岸和田煉瓦の塀の復元作業に中学生が参加

本文

岸和田煉瓦の塀の復元作業に中学生が参加

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2008年11月12日掲載

レンガを積む中学生(男子)

 11月11日(火曜日)午後3時半から、土生中学校の生徒が、入浴施設のスパ・リゾート・リバティ(並松町)で、市民団体が行っている岸和田煉瓦株式会社のレンガ塀の復元活動に参加しました。

 この復元活動で用いられるレンガは、日本有数の煉瓦会社であった岸和田煉瓦株式会社が製造したもの。もともとは復元地近くの並松町内にあり、古くは同社の煉瓦塀として使われていましたが、道路の拡幅工事のため、塀そのものが昨年7月に撤去されました。この撤去の際に有志が集まり、レンガを運び出し保管していました。

 今回、同社の跡地でもあるリバティの駐車場西端に歴史の証人としてこのレンガで塀を復元することとなりました。土生中学校の生徒はレンガの保管中にはつり作業(レンガに付いたセメントなどを削り取る作業)を手伝った縁で復元作業にも参加しました。

レンガを積む中学生(女子)

 作業を手伝った平井茉帆(まほ)さん(中3)は古いレンガについて「新しいより古い方が昔が残っていて良い」と感想を述べ、同じく藤原詩乃さん(中3)は積み上がったレンガ塀を前に「古いからいい雰囲気になった。気に入りました」と満足げに話しました。

復元されるレンガ塀は高さ1.2メートル、長さ3メートル。岸和田煉瓦の塀が往時の姿をほんの少し取り戻すこととなります。

岸和田でのレンガ製造…明治時代に岸和田藩の藩士、山岡尹方(ただかた)により始められた。岸和田煉瓦のレンガは岸和田の質の良い土を石炭の強い火力で焼き上げるため、高品質で耐久性のあるものとされ、旧山口県庁舎(国重要文化財)や同志社女子大学ジェームス館の校舎など日本各地で使われている。山岡尹方がキリスト教徒だったことから、レンガには十字架をあしらったクロス「×」が刻印されていることが知られている。現在、岸和田煉瓦製のレンガを目にできる場所は非常に少なくなっている。


Danjiri city kishiwada