ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 東南海・南海地震を想定した防災訓練を実施

本文

東南海・南海地震を想定した防災訓練を実施

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2008年9月2日掲載

二の丸公園から浜工業公園へ避難訓練

 防災の日の9月1日(月曜日)、岸和田市内では浜工業公園とちきりアイランド(阪南2区)を会場に、マグニチュード8.6、最大震度6強(大阪府域)の地震が発生したことを想定とした「平成20年度近畿府県合同防災訓練」が開催されました。この訓練は、国、近畿2府7県(福井県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、徳島県)、府内市町村、警察や自衛隊などの関係機関が参加する非常に大きなものでした。

 浜工業公園では、避難テントや臨時浴場、トイレなどが設営されていました。また、様々な災害用グッズの展示や震度7の地震を体験できる車が用意され、集まった多くの人は興味深そうに見入っていました。

 カレーの炊き出し

 自衛隊や地元婦人防火クラブ、岸和田高校などによるおにぎりやカレーライスの炊き出しが行われ、それぞれの場所から避難してきた人たちは美味しそうに食べていました。
 また、橋下大阪府知事も視察に入り、熱心に施設の説明を聞いた後に、カレーライスを食べました。

炊き出しのカレーを食べる橋下知事

 浜工業公園では、避難テントや臨時浴場、トイレなどが設営されていました。また、様々な災害用グッズの展示や震度7の地震を体験できる車が用意され、集まった多くの人は興味深そうに見入っていました。

 様々な救助訓練

 ちきりアイランド(阪南2区)では、近畿各地から自衛隊、警察、海上保安庁、消防が大集結し、福田首相を団長とする政府調査団も見守る中、脱線した電車の中に取り残された人を救助したり、崩れた家屋の下に閉じ込められた人を救助したりと、様々な訓練が行われました。

 何機ものヘリコプターが轟音とともに飛来し、地上部隊と連携しながら救助活動を繰り広げる様子は大変な迫力でした。

救助隊員が要救助者を大阪府警ヘリコプターへ吊り上げています

閉会式での福田首相

 閉会式では、橋下大阪府知事の「大阪府民のみならず、近隣住民も含め、安心安全のためにがんばって欲しい」という講評に続き、福田首相も「大災害に対する備えは国民一人ひとりの備えが大切」と挨拶しました。

 災害はいつ来るかわかりません。たとえ、消防や警察、自衛隊の救助体制が万全であったとしても、まずは市民一人ひとりの普段からの心構えと備えが大切です。
 これを機に、もう一度災害への備えを確認してみましょう。


Danjiri city kishiwada