ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > やまたきっこのひまわり、ろうそくに変身!

本文

やまたきっこのひまわり、ろうそくに変身!

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2007年12月7日掲載

ひまわりの種を油を絞る機械に入れる子どもの画像

 12月3日(月曜日)、山滝小学校では子どもたちに自然に親しみ環境について考えてもらおうと、ひまわり油を利用したろうそく作りが行われました。このひまわり油は今年6月に山滝小学校の児童と山滝幼稚園の園児らが種まきを行った「がんばれ ひまわり やまたきっこ畑」から収穫された、約2千株のひまわりの種を使用して絞られたものです。
 理科室に集まった5・6年生35人は、まず、ひまわりの種を使って機械で油を絞る作業を体験。種を一握りずつ自分の手で機械に入れていき、絞り出される黄色い油が容器にうっすらとたまっていく様子をながめる表情は真剣そのものです。

ろうそくが固まるのをまつ子どもの画像

 油ができあがる様子が観察できたら、いよいよろうそく作りがスタート。指導する市の職員が凝固剤を混ぜて熱した油を竹筒に流し込み1つずつ配ると、芯を割りばしで固定しながらろうそくが固まるのを待ちました。しっかり固まるのが待ちきれず、においをかいだりのぞき込んだりして芯が中心からずれたり、口々に「ポップコーンのにおいがする」などと笑いあったり子どもたちは興味津々。できあがったろうそくを大事そうに持ち帰りました。


Danjiri city kishiwada