ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 北中学校生徒が高齢者と地域清掃活動に取り組む

本文

北中学校生徒が高齢者と地域清掃活動に取り組む

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2007年9月26日掲載

清掃の様子

 9月19日(水曜日)午後、北中学校(春木旭町)が地元老人会の皆さんと地域清掃に取り組みました。
 これは、今月28日(金曜日)の体育大会を間近に控え、学校内だけでなく周囲の公園や通学路などもきれいにしようと総合学習の時間を利用して初めて取り組まれたものです。

 春木旭町や吉井町内の老人クラブで構成される「城北連合老人クラブ」では、これまでも毎年9月20日の「老人クラブ全国一斉社会奉仕の日」に合わせ、奉仕活動の一環としてこの中学校周囲の清掃を行ってきましたが、「地域との連携を強めたい」との学校側の提案に「若い世代とコミュニケーションが図れ、共通した社会活動として取り組めれば」と老人クラブが快く受け入れたことで実現しました。

 この日も残暑厳しく気温が30度を超す中、学校外の清掃には1年生全員と2年・3年生110人が参加、約40人の高齢者と共に、植え込みの草引きや公園、道路のごみ拾いに汗を流しました。清掃を終えた生徒からは「(高齢者と)色々な会話ができてとても楽しかった」との感想が聞かれました。

 北中学校では、以前から福祉・ボランティア活動に力を入れ、高齢者を文化祭や体育大会に招待したりして交流の場を設けており、今回の清掃を通じて「地域の高齢者と顔見知りになり、声を掛け合える関係が更に深まれば」と話しました。


Danjiri city kishiwada