ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > いくつになっても、いくつでもだんじり大好き―南上町のだんじりが病院を慰問・幼稚園児がだんじり見学―

本文

いくつになっても、いくつでもだんじり大好き―南上町のだんじりが病院を慰問・幼稚園児がだんじり見学―

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2007年9月19日掲載

寺田万寿病院前のだんじりの画像

 試験曳きが行われた9月14日(金曜日)、南上町のだんじりが寺田万寿病院(南上町1丁目)を訪れ、病院前でだんじり囃子などを披露しました。なかなか祭り見物に出かけることの出来ない患者や病院関係者らは、鉦(かね)や太鼓に合わせて手をたたいたり、盛んに拍手を送ったりして祭り気分を楽しみました。

後ろ梃子の綱を引く岸城幼稚園の園児の画像

 また、午前中には岸城幼稚園(岸城町)の園児約120人が南上町のだんじり小屋を訪れ、だんじりを見学しました。法被を着た世話人や青年団のメンバーらから実際に太鼓のたたき方を教わったり、後ろ梃子(うしろでこ)の綱を引いてみたりした園児たちは、みんな大はしゃぎ。「安全に祭りを楽しむために、綱は絶対離さないでね。」など、お祭りの話にも一生懸命うなずきながら聞き入っていました。
 地域の人たちにだんじりに親しんでもらうこうした試みは、今後も恒例行事として続けていくことになっています


Danjiri city kishiwada