ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 母の日にカーネーションはいかが?

本文

母の日にカーネーションはいかが?

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2007年5月10日掲載
 積川町にある栢木義一さんのビニールハウスでは、カーネーションの収穫作業が行われています。

 ハウス内では、ピンク色の「サイワイ」という、1株にいくつもの花がつくスプレー系の品種2,500株が栽培されていて、次々につぼみを膨らませています。
 ほかにも「ロンド」や「ハーティ」が栽培されています。

 午前中につぼみの状態で収穫されたカーネーションは午後、各農家宅で箱詰めされ、翌日JAきしわだ営農総合センターに運び込まれます。
 その後、品質のチェックを受け府内4ヵ所の市場へ出荷され、小売店の店頭に並びます。

 JAきしわだによると、岸和田では30年ほど前からカーネーションの本格的な栽培が始められ、現在、生産農家は10軒。昨年の出荷数は48万2,000本で、府内でも指折りのカーネーションの産地になっています。

 栢木さんのハウスでは週2日、1日あたり800本ほど収穫します。出荷は今月いっぱい続きます。

カーネーションの収穫の様子


Danjiri city kishiwada